WordPressのカスタマイズはFTPソフトを使うと便利です。

FTPソフトの中でも使いやすい「FileZilla」をインストールする方法と、Mixhostを例にFileZillaをサーバーに接続する方法を紹介します。

目次

FTPソフトとは?FTPソフトを使う理由

FTPソフトとは

FTPソフトとは、簡単に言ってしまうとPCのファイルを直接サーバーにアップロードすることができるソフトです。

WordPressのカスタマイズを本番のネット環境ではなくPCのローカル環境で行い、不具合がないことを確認してから本番のサーバー環境に適用させることができます。

FTPソフトを使うシーン・使うメリット

WordPressのカスタマイズがしやすい

WordPressのカスタマイズは管理画面から行うことができます。

しかしながら、管理画面は見やすいとは言えず、専用のエディタを使った方がカスタマイズは効率的です。

また、管理画面でのカスタマイズに失敗した場合、その失敗の結果が実際のインターネット環境に表示されてしまい、ユーザビリティを損ねる可能性もあります。

FTPソフトを使えば、本番環境はそのままで自分のパソコンの中だけでカスタマイズをすることができます。

WordPressのバックアップができる

FTPソフトはファイルのアップロードだけでなくダウンロードもできます。

サーバーのWordPressが入っているファイルをごそっとダウンロードしてしまえば、それだけでWordPressの丸ごとバックアップが可能です。

管理画面に入れなくなったときも対処できる

サイトの画面が真っ白になってしまい、WordPressの管理画面に入れなくなるケースがあります。

これは多くの場合、functions.phpのコードの書き間違いが原因です。

該当のコードをエディタで削除し、FTPソフトを使ってアップロードすれば、管理画面に再び入れるようになることが多いです。

 

FTPソフトはこのようなメリットがあり、WordPressのカスタマイズを本格的にしていくには必須となります。

FileZillaのインストール方法

まずは、FileZillaのダウンロードページから、お使いのOSに合わせてインストーラのリンクをクリックします。

今回はMacにダウンロードしていきます。

Windowsの場合も、基本的に「OK」で進んでいけばインストールできるかと思います。

FileZillaのインストール画面   

ダウンロードが終わったら、インストーラをクリックします。

FileZillaのインストーラをクリック

ダウンロードフォルダなどに「FileZilla 2」というアプリケーションがあるかと思いますので、こちらをクリックします。

 

このようなポップアップが出ますので、「開く」をクリックします。

開くをクリック

「OK」を押します。

OKで開く

「OK」を押して閉じます。

FileZillaにようこそ

これでFileZillaのインストールは完了です。

FileZillaをMixhostに接続する方法

それではサーバーに接続していきます。

僕はMixhostを使っていますので、今回はこちらを例に解説します。

 

上部のメニューの「ファイル」→「サイトマネージャー」をクリックします。(または、Macの場合は⌘+S)

ファイルからサイトマネージャーを開く

以下のような画面が出ますので、「新しいサイト」をクリックします。

サイトマネージャーで新しいサイトを登録

「自分のサイト」のところで名前をつけるように求められますので、わかりやすい名前を付けておきます。

僕はブログ名にしました。

名前をつける

右の「一般」タブで接続のための情報を入力していきます。

 

選択箇所は、以下のように選びます。

  • プロトコル→「FTP-ファイル転送プロトコル」
  • 暗号化→「明示的なFTP over TLSが必要」
  • ログオン タイプ→「通常」

 

他の入力箇所については、Mixhostの登録時に送られてくる「mixhost】 サーバーアカウント設定完了のお知らせ」というメールの「FTP接続情報」というところに記載があります。

こちらの情報は今後も使う可能性がありますので、メールをPDFで保存しておくと良いでしょう。

※Mixhostでは2021年10月にマイグレーションが行われました。

そのため、FTP接続情報が変わっています。

メールが送られてきている場合は、初回登録時の情報ではなくこちらの情報を入力します。

 

メールのそれぞれの情報を、「一般」タブの以下の箇所に入力します。

  • FTPSホスト名→ホスト
  • ユーザー名→ユーザー
  • パスワード→パスワード

入力が済んだら、右下の「接続」を押します。

FileZillaの接続設定

「パスワードを保存しますか?」というポップアップが出ますが、基本的には「保存する」で良いかと。

パスワードの保存

「不明な証明書」というポップアップが出る場合は、「今後は常にこの証明書を信用する」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

証明書の確認

このように、右側にサーバー側のファイルが表示されていれば成功です。

(左側はPCのローカルのファイルが表示されています)

FileZillaのサーバー接続後の画面

なお、WordPressの場合、基本的には「wp-content」というフォルダの中の「themes」フォルダにテーマファイルがあります。

 

PCのローカル環境で編集したファイルが左側に表示されていますので、こちらを右のサーバー側にドラッグ&ドロップするだけでファイルをサーバーにアップロードすることができます。

たとえば、PCの中に「テーマ」という名前のフォルダを作り、その中にstyle.cssを入れておきます。

このPC内のstyle.cssをVisual Studio Codeなどのエディタで編集し、FileZillaで右のサーバー側へドラッグ&ドロップすれば、安全かつ簡単にWordPressのカスタマイズを行えるというわけです。

 

ぜひインストールして使ってみていただければと思います。

サービスメニュー

Postscript執筆後記

PLUSの個人情報保護スタンプ「ケシポン」を使ってみましたが、
100均のとは比べ物にならないくらい綺麗に消せます。
もっと早く使えば良かったです。

Something New一日一新

OCNモバイル ミュージックカウントフリー
新しいキッチンカーのランチ
PLUS ケシポン
ローソン ダブルエスプレッソラテ

\本を出版しました/

Seiji Aihara / 相原 征爾

Seiji Aihara / 相原 征爾

お金・時間・やりがいなどのバランスを取り人生を楽しむことをサポートする、東京の30代税理士。ひとり社長。
ブログ「FAVPRESSO」は平日毎日更新。

得意な仕事はクラウド会計の導入・ペーパーレス化・経理業務効率化・各種シミュレーション・独立支援など。
遠方・オンライン・スポット対応可能です。
簿記がわからなくても、一から経理ができるようにお伝えします。
Windows・Mac両対応。

音楽、映画、インターネット、カレー、クラフトビールが大好き。
名刺、ロゴ、WordPressテーマ、本の表紙から音楽まで自作する、自称超クリエイティブ。

詳しいプロフィールはこちら
税理士事務所のHP・サービス一覧はこちら

著書 『知識・経験ゼロでも独立して人生を楽しむ方法』