最近家での仕事用にフォールディングチェアを購入しました。

1ヶ月くらい使ってみましたが、とても快適です。

目次

見た目がお洒落

今回買った椅子はこちら。

 

僕がモノを買う時の基準のひとつは、テンションの上がる見た目かどうかということ。

この椅子は座板と背もたれが木製です。

もともと何となく木の椅子がいいなぁと思い色々探していたところ、たまたま見つけました。

明るすぎず、暗すぎない木目がどんなインテリアとも馴染みやすいです。

 

最初は、「座板にクッションがついているものの方がお尻が痛くないかも」と思い、クッション付きを探していました。

しかし、クッション付きだと汚れや破れなどのメンテナンスが面倒になりそうと思い、クッションなしのタイプで探しました。

この記事を書いている現在で、値段はなんとたったの3,300円。

 

正面からだとこんな感じ。

折りたたみ椅子を正面から見た図

横から。

  

後ろから。

折りたたみ椅子を後ろから見た図

表面の木目は近くで見ると特段高級感があるというわけではありませんが、この値段でこのクオリティなら十分です。

折りたたみ椅子の座板の木目

僕は25分に1回は休憩で立ち上がっているので、長時間ずっと椅子に座っていることは基本的にありません。

 

ですので、今のところお尻が痛くなることはないのですが、痛ければ、このようにクッションやラグを敷けば良いかなと。

折りたたみ椅子にラグをかけてみた

アレルギー性鼻炎なので、クッションやラグを別に持っていた方が個人的には洗えて便利なのです。

折りたたみ可能

この椅子の良いところは折りたたみ可能なところ。

椅子の横に小さな輪っかがついており、これがロックになります。

折りたたみ椅子のロック

折りたたむときは、このロックを引っ張って座板を前に下に向かって倒します。

特に強い力はいらず、簡単に折りたたむことができます。

折りたたみ椅子を畳んでみた

横から見てもスリムです。

畳んだ折りたたみ椅子を横から見た図

昇降デスクにもぴったり

今メインの机として使っているのは、手動で高さを変えられるこちらのスタンディングデスクです。

レビューはこちらにも書いています。

 

こちらの机は普通の机の高さにもなるので、このように椅子と合わせて使うことも可能です。

フォールディングチェアは、この机とも色味がいい感じです。

折りたたみ椅子を昇降デスクと合わせてみた

あとはコーヒーとJAZZがあれば家カフェの出来上がりです。笑

まとめ

初めは「仕事で使うのだから、10万前後の良い椅子の方がいいかなぁ」と思いましたが、疲れにくい良い椅子は基本的に大きく、場所をとってしまいます。

  • できるだけ場所を取らない
  • たためてコンパクトになる
  • 昇降デスクとも合わせて使える
  • 見た目が良い

という条件を満たすものを探した結果、この椅子にたどり着きました。

フォールディングチェアは、「あまりモノを増やしたくない」というミニマリスト志向の方にも良い選択肢かと思います。

1Kやワンルームでの一人暮らしの方で、今までローテーブルしかなかったという方にも、最初の椅子としてもおすすめです。

Postscript執筆後記

また緊急事態が出されてしまいましたね…
色々と思うことはあるのですが、じっくり一人で何かに取り組むには良い機会かと。

Something New一日一新

とあるお店
とあるメルマガ
Seiji Aihara / 相原 征爾

Seiji Aihara / 相原 征爾

『独立は最強の解決法』という理念のもと、長期的な視野と絶妙なバランス感覚で人生を楽しむことをサポートする、ひとりビジネス専門税理士・ライフコンサルタント。

簿記がわからなくても、一から経理ができるようにお伝えします。
遠方・オンライン・スポット対応可能です。
クラウド会計の導入・ペーパーレス化・経理業務効率化・各種シミュレーション・独立支援が得意。
Windows・Mac両対応。

音楽、映画、インターネット、カレー、クラフトビールが大好き。

詳しいプロフィールはこちら
税理士事務所のHPはこちら