ギターを弾くのは慣れるまではなかなか難しいものです。

「せっかくギターを買ったけど、弾かなくなってしまった」

「練習してるのに、全然上手くならなくて挫折しそう…」

という方に向けて、ギターで挫折しないための方法をまとめてみました。

目次

ギター本体の対策

弾きやすいギターを買う

挫折しないためにギター選びは重要です。

初心者の方やこれからギターを始める方の場合、

  • 挫折するかもしれない
  • とりあえずお試しですぐやめてしまうかもしれない
  • あまりお金をかけられない

といった理由から、1万円くらいで買える“初心者セット”のようなギターを買ってしまいがちです。

もちろん、すべての安いギターが悪いというわけではないのですが、1万円前後の安いギターはネックが反っていたり、弦高が高かったりして弾きづらいことも多いのです。

 

個人的には、予算が許すのであれば最初の一本であっても5万円前後(もしくはそれ以上)のギターを買うことをおすすめします。

このくらいの価格帯であれば、有名ブランドのギターも買えますしギターの状態としてもハズレを引く可能性が低いからです。

 

“弾きやすさ”という観点でいえば、大きく抱えづらいギターではなく、いわゆるミニギターと呼ばれるものや、ミニギターとフルサイズのギターの中間くらいのサイズのギターを買うのも手です。

(この辺りのギターも5万円前後の価格帯に多いです。)

ミニギターはボディが小さめで抱えやすく、ネックも通常のギターより細いことが多いので弦を押さえやすいというメリットがあります。

実際に、僕はTaylorのGS miniというミニギターと普通のギターの中間サイズのギターを愛用しています。

 

可能であれば、ある程度ギターに詳しい人に一緒に買いに行ってもらうのも手です。

見た目が好きなギターを買う

なんだかんだギターは見た目は重要です。

見た目が気に入っていれば、自然と手に取る回数も増えます。

その分練習しますので、上達も早くなり、挫折しにくくなるというわけです。

僕がGS miniを選んだのも、弾きやすさはもちろん、見た目が好きだったということも大きいです。

細い弦を張る

ギターの弦には何種類か太さ(ゲージ)があります。

ギターを買ったときに最初に貼ってある弦は、真ん中くらいの太さのものが多いです。

このくらいの太さの弦は、初心者にはなかなか押さえづらく、手が痛いです。

 

そこで、細い弦に張り替えてしまうのがおすすめです。

僕自身はElixirのExtra Lightという一番細い弦を張っています。

細い弦は太い弦に比べれば、押さえやすいので挫折しずらくなります。

太い弦の方が音量が大きかったり、低音が出るということはあるのですが、細い弦で弾けるようになってから太い弦に慣れていっても遅くはありません。

練習方法の対策

基礎練習は最初はしなくても良い

基礎練習はやった方が良いのですが、最初はつまらないのも事実です。

まずは「ギターを触る回数を増やす」「ギターを楽しむ」ということを最優先に考え、基礎練習は後回しにしてしまうというのもありです。

この辺りはこちらに詳しく書いています。

好きな曲で練習する

教本などを使った基礎練習をしないのであれば、最初から曲で練習してしまいましょう。

誰かから与えられた“課題曲”では、これまたつまらずやめてしまう可能性が高いですので、自分の好きな曲を選ぶようにします。

できれば3,4つくらいのコードしか使っておらず、バレーコード(FやB)が出てこないものがおすすめです。

洋楽の方が簡単なコード進行の曲が多いですので、洋楽が好きな方であれば洋楽を選ぶのも手です。

 

コードをはしょるのもありです。

この辺りはこちらを参考にしていただければと思います。

弾きやすそうなキーで練習する

「どうしてもこの曲を弾いてみたいけど、難しいコードが沢山出てきてしまう…」

という場合は、キーを変えるという方法があります。

一般的にGメジャーキーは押さえやすいことが多いです。

Gメジャーキーの探し方ですが、曲の歌い始めと歌の最後がGで終わっていれば、だいたいGのキーです。(もちろん例外もあります)

Gキーでなくても、コード譜を見て「何となく押さえるのが簡単そう」というイメージが持てればそのキーで大丈夫です。

Uフレットのようなサイトはキーを変えられますので、簡単なコード進行のキーに変えてしまい、カポタストをつけてキーの高さは調節するという方法がおすすめです。

練習習慣の対策

練習する時間を決める

何事もそうですが、楽しくなるまでには多少の辛抱も必要です。

その辛抱期間を乗り越えるには、ギターの練習を習慣にしてしまうのがおすすめです。

具体的には、一日のうちでいつギターを練習するか決めてしまい、とりあえず1週間頑張ってみます。

僕はほぼ毎日、夕食後に30分〜1時間くらい練習していますが、もはや「練習しないと気持ち悪い」というレベルになっています。笑

歯磨きなどと同じで、「やらないと気持ち悪い」というところまで持っていってしまえばギターで挫折する可能性はかなり低くなります。

できれば教室に通う

最初は

  • 左手のフォーム
  • ピックの持ち方
  • 弦にピックを当てる角度
  • 右手を固定する位置

など、わからないことだらけです。

ひとつひとつYouTubeで調べたりしても良いのですが、ユーチューバーによって言っていることが違ったりしますし、細かい疑問点は解決できないこともあります。

可能であれば、短期間でもギタースクールに入って習った方が上達は速いと思います。

単発や1ヶ月限定などでやっているところもありますので、探してみてはいかがでしょうか。

 

 

ギターは最初は難しいですが、ぜひ「楽しい!」と思えるところまで続けていただければと思います。

サービスメニュー

Postscript執筆後記

今日はなかなかやる気が出ず、ブログの書き始めが夜になってしまいました。
たまにはこういう日もあります。

Something New一日一新

ロックイン 新宿
レフティギターの試奏

\本を出版しました/

Seiji Aihara / 相原 征爾

Seiji Aihara / 相原 征爾

お金・時間・やりがいなどのバランスを取り人生を楽しむことをサポートする、東京の30代税理士。ひとり社長。

得意な仕事はクラウド会計の導入・ペーパーレス化・経理業務効率化・各種シミュレーション・独立支援など。
遠方・オンライン・スポット対応可能です。
簿記がわからなくても、一から経理ができるようにお伝えします。
Windows・Mac両対応。

音楽、映画、インターネット、カレー、クラフトビールが大好き。
名刺、ロゴ、WordPressテーマ、本の表紙から音楽まで自作する、自称超クリエイティブ。

詳しいプロフィールはこちら
税理士事務所のHP・サービス一覧はこちら

著書 『知識・経験ゼロでも独立して人生を楽しむ方法』