ノウハウ系の記事・技術的な記事を書く際に、パソコンの画面のスクリーンショットを載せたいときが多々あります。

スクリーンショットの撮影・加工に便利なLightShotのダウンロード方法と、その使い方について説明します。

目次

LightShotのダウンロード方法

まずは、以下のサイトにアクセスし、Windows・Macそれぞれに合わせてダウンロードします。

Lightshot — screenshot tool for Mac & Win

LightShotのダウンロードページ           

今回はWindowsに入れていきます。

左下のインストーラーをクリックします。

LightShotのインストーラーをクリックして開く

言語選択で「日本語」になっていることを確認し、OKをクリックします。

インストール中の言語の選択

使用許諾に同意し、「次へ」をクリックします。

使用許諾契約書に同意

以下の画面が出ますので、「完了」をクリックします。

セットアップの完了

設定の確認

Windowsの場合、右下の「^」をクリックするとアプリが表示されます。

紫色の葉のようなマークがLightShotです。

WindowsでLightShotを起動

こちらを右クリックし、「Options」を選ぶとショートカットキーなどを任意に設定できます。

右クリックのOptionsからLightShotの設定

僕はデフォルトのままにしています。

LightShotの使い方

それでは実際にスクリーンショットを撮り、加工していきます。

まずはスクリーンショットを撮ります。(WindowsのデフォルトではPrintScreenキー)

範囲指定をするには四角い点線をドラッグします。(範囲は後からも変えられます)

 

四角のマークをクリックすると、枠を画像に追加することができます。

LightShotでスクリーンショットに枠を追加する

枠を開始したい位置にカーソルを持っていき、いったんトラックパッドから指を離し、2本指で上下にスクロールすると線の太さを変えられます。(◯の大きさが変わるのが確認できるかと)

LightShotの枠をの線をスクロールで細くしたとき

LightShotの枠をの線をスクロールで太くしたとき

矢印を入れたいときは、矢印マークのアイコンをクリックし、矢印の始点でクリックしてからドラッグします。

LightShotで矢印を入れる

文字を入れるには、「T」のアイコンをクリックし、文字を入れたい箇所の始点で一度クリックします。

このような点線の枠がでてきますので、こちらも一度指を離してから2本指で上下にスクロールすることで文字サイズを変更できます。

LightShotでテキストボックスを挿入

文字を入力した後でもドラッグすれば場所の変更が可能です。

文字の位置はドラッグで変更

ctrl+Sで保存して完成です。

 

なお、現在進行中の操作をやめるときはescキー、ひとつ前の操作に戻るときはctrl+Zで可能です。

 

ちなみに、LightShotでスクリーンショットを撮ると、Windowsであればデフォルトの保存先は「ドキュメント」の中の「LightShot」フォルダになります。

その都度、スクリーンショット画面下部のメニュー(保存マークのアイコン)で保存先を指定することができ、一度保存先を変更すると次からそのフォルダに保存してくれるので便利です。

 

試しに作ってみました。

LightShotで作ったスクリーンショットの例

 

WindowsではWindowsキー+Shift+S、Macでは⌘+Shift+4(または5)で範囲指定をしてスクリーンショットを撮ることはできます。

ただ、Windowsに関してはLightShotの方が保存までが速いですし、加工の面でもMacのプレビューより使いやすく速いと感じます。

サービスメニュー

Postscript執筆後記

最近、プッシュアップバーを使った腕立て伏せを始めました。
やはりこちらを使った方が負荷が大きく、今までの回数になかなか到達できません…。

Something New一日一新

WindowsのLightShotでスクリーンショット

\本を出版しました/

\セルフマガジン無料送付/

Seiji Aihara / 相原 征爾

Seiji Aihara / 相原 征爾

お金・時間・やりがいなどのバランスを取り人生を楽しむことをサポートする、東京の30代税理士。ひとり社長。
ブログ「FAVPRESSO」は平日毎日更新。

得意な仕事はクラウド会計の導入・ペーパーレス化・経理業務効率化・各種シミュレーション・独立支援など。
遠方・オンライン・スポット対応可能です。
簿記がわからなくても、一から経理ができるようにお伝えします。
Windows・Mac両対応。

音楽、映画、インターネット、カレー、クラフトビールが大好き。
名刺、ロゴ、WordPressテーマ、本の表紙から音楽まで自作する、自称超クリエイティブ。

詳しいプロフィールはこちら
税理士事務所のHP・サービス一覧はこちら

著書 『独立して人生を楽しむ方法』