Mac版のExcelでマクロ(VBA)を使いたいという場合もあるかと思います。

Mac版Excelでのマクロの始め方と、ExcelシートをPDFにするマクロの紹介です。

目次

Mac版Excelでもマクロは使える

「Excelマクロ」というと昔はWindowsのExcelでしか使えませんでしたが、今はMac版のExcelでも使うことができます。

普段Macで仕事をしている場合は、MacのExcelでもマクロを使えると便利です。

 

ちなみに、Macには最初からNumbersというExcelのような表計算ソフトが入っています。

ただ、Numbersではマクロが使えず(マクロのような機能はあります)、Numbersで作ったファイルをWindowsで開く場合には形式を変換する必要があります。

何だかんだ使い慣れているExcelの方が便利なので、Excelを使っています。

 

なお、ExcelはマイクロソフトのサブスクリプションMicrosoft 365を購入して使うのがおすすめです。

この記事を書いている現在、個人向けは年額12,984円でWordやパワポなども使うことができます。

Mac版Excelでのマクロの起動方法

Excelを開き、option+F11キーを押すと以下のようなソフトが起動します。(「Visual Basic Editor」と言います)

Mac版ExcelでVBEを起動   

左上の「モジュールの挿入」というボタンをクリックし、

Mac版Excelでモジュールの挿入

「標準モジュール」を選びます。

標準モジュールを選択

以下のようなコードを書くスペースが現れます。

ここにコードを書いていくことでマクロを動かすことができます。

コードを書くスペースが表示される

ExcelシートをPDFで保存するマクロ

マクロのコードは「Sub」で始まり「End Sub」で終わります。

マクロの名前は自由に決めることができますが、今回は「invoice」という名前にします。

「sub invoice」といれ、Returnキーを押すと自動で以下のように出てきます。(すべて小文字で入れても自動で変換されます)

マクロに名前をつける

コメントの挿入

適当な位置に「’PDF出力」と入力してReturnを押します。(Tabキーで字下げできます)

このアポストロフィーで始まる緑色の部分が「コメント」で、コードの記述には影響しないコードの説明書きになります。

マクロにコメントを挿入

コメントを書いておくと、コードの内容が後でわかりやすくなります。

名前を付けてPDFで保存

「〇〇」というファイル名でPDF形式で保存するには、以下のようなコードを書きます。

ActiveSheet.ExportAsFixedFormat Type:=xlTypePDF, FileName:=ThisWorkbook.Path & “/〇〇.pdf”

 

今回は「様_ご請求書」という名前にしています。

PDFで名前を付けて保存するためのマクロのコード

細かいことはさておき、

  • ActiveSheet.→現在アクティブなシート
  • ExportAsFixedFormat→ブックを PDF または XPS 形式に発行する
  • Type:=xlTypePDF→PDF形式で保存
  • FileName:=ThisWorkbook.Path & “/〇〇.pdf”→「〇〇」というファイル名で

といった意味になります。

 

エラーがある場合はコードが赤字になりますので、落ち着いて修正しましょう。

マクロを実行

上部の「▶」ボタンを押すとマクロが実行されます。

マクロをボタンで実行

Excelファイルが入っているフォルダと同じフォルダに「様_ご請求書」という名前のPDFができていれば成功です。

(同じファイル名のものがある場合は、実行前に予め削除しておきます)

PDFファイルが作成される

ショートカットキーを設定

マクロを実行するショートカットキーを設定しておくと便利です。

Excelのシートの方に戻り、「表示」タブ→「マクロ」→「マクロの表示」とクリックします。

Mac版Excelでマクロのショートカットキーを設定

以下のようなウインドウが出ますので、「オプション」をクリックし、「ショートカットキー」のところで任意のキーを設定します。

任意のショートカットキーを入力

今回の場合、option+⌘+pでマクロが実行されます。

 

⌘+Sで保存して完了です。

 

次回、このExcelファイルを開くときは、「マクロを有効にする」をクリックして開きます。

マクロを有効にしてから開く

 

以上、簡単なプログラムではありますが、ExcelをPDFで保存する機会は多々あります。

数秒でもチリツモで時間の節約になりますので、ぜひ試してみていただければ幸いです。

サービスメニュー

Postscript執筆後記

昨晩、以前の職場の同僚から久しぶりに「独立してますか?」と連絡がありました。
僕のブログを見て知ってくれたそうで、その同僚ももうすぐ独立するとのことです。
お互い今後が楽しみです。

Something New一日一新

Excel勘定科目内訳書
Excelマクロに関する記事執筆

\本を出版しました/

\セルフマガジン無料送付/

Seiji Aihara / 相原 征爾

Seiji Aihara / 相原 征爾

お金・時間・やりがいなどのバランスを取り人生を楽しむことをサポートする、東京の30代税理士。ひとり社長。
ブログ「FAVPRESSO」は平日毎日更新。

得意な仕事はクラウド会計の導入・ペーパーレス化・経理業務効率化・各種シミュレーション・独立支援など。
遠方・オンライン・スポット対応可能です。
簿記がわからなくても、一から経理ができるようにお伝えします。
Windows・Mac両対応。

音楽、映画、インターネット、カレー、クラフトビールが大好き。
名刺、ロゴ、WordPressテーマ、本の表紙から音楽まで自作する、自称超クリエイティブ。

詳しいプロフィールはこちら
税理士事務所のHP・サービス一覧はこちら

著書 『独立して人生を楽しむ方法』