大学時代からの友人であり、ブロガーである俵谷龍佑くんが主催する社会人音楽サークルMusicrowdのイベントに参加してきました。 そこで感じたのは、

  • やっぱり趣味の合う人と話すのは楽しい!
  • 仲間って簡単にできる!
  • 「好き」って最強!

ということ。

目次

MusicrowdのハロウィンDJパーティに恋をした。

musicrowd ハロウィンDJパーティ

Musicrouwdは音楽好きによる、音楽好きのための社会人サークル。 バンドセッション会、カフェ会、音楽飲み会など、音楽好きが交流するためのイベントをほぼ毎週開催しています。 サークルと言っても、毎回参加しなければいけないというわけではなく、単発からの参加がメインで気軽に参加できます。 もちろん、月額会費制のメンバーになることもできます。 僕が参加したのは一足早いハロウィンパーティ。 ハロウィンパーティとは言うものの、プチ仮装をしただけで、やはりメインは音楽。 DJがかけてくれるナイスな音楽に身を委ねながら、音楽好きと音楽の話に花を咲かせます。

DJ&音楽が最高だった!

今回はDJイベントということで、DJの方が始終音楽をかけてくれました。 何と言っても選曲が最高で、僕ら“音楽好き”が好きな曲をわかってくれているな~という感じ。 途中からはリクエストタイムもあって、希望の曲もかけてくれます。(僕は会話に夢中でリクエストしそびれました…笑) もちろん知っている曲も沢山ありましたが、知らない曲でも「これ誰の曲だろ?」と、気になるものばかり。

流れる曲が会話のきっかけになる

好きな曲が流れたら黙ってられないのが音楽好きというもの。 イントロが流れると誰かしらが反応するし、踊り出す人もいる。 自然とアーティスト名や曲名が聞こえてきます。 その場にいるだけで、誰がこの曲を好きなのかがわかるので、それをきっかけに自然に話しかけることができますし、話しかけられたりします。 だから、簡単に自分と音楽の趣味が合う人と仲良くなれるのです。

みんなが素敵すぎた。

僕はMusicrowdのイベントに参加するのは今回が初めてで、しかも一人での参加でした。 主催者の俵谷くんのことはよく知っているとは言え、意外と人見知りなので(笑)、いきなり一人で参加して馴染めるか少し不安でした。 でも、そんなことは杞憂でした。

誰もが暖かい

まず、入った瞬間から雰囲気に安心できました。 なんとなく自分と同じ匂いがするというか、ギラギラしていなくて、程よい緩さがある感じ。 受付が混んでいたので、入り口の階段でしばらく待つことになりました。 このとき、後ろに並んでいた方も一人で来ていたので、勇気を出して話しかけました。 普通のイベント、普段の自分ならこんなことはできません。 一杯目のお酒を注文してからも、一人でいる方に声をかけましたが、すぐに打ち解けることができました。 なんだか誰もが、「もっとみんなと話したい」「話しかけてほしい」と言ってくれているようで、「シャイとかチキンとか全く関係ないな」って、生まれて初めて思いました。

気軽に話しかけてくれる

もちろん、自分から話しかけていたのは僕だけではありません。 こちらが一人でいても、誰かと話していても、向こうが一人だろうがグループだろうがみんな話しかけてきてくれます。 もともとコミュ力があるとか、人と話すのが好きという方もいらっしゃるとは思いますが、それ以上に、素敵な音楽と雰囲気がそういう気分にさせてくれるのではないでしょうか。

好きなことを話しているとき、人は魅力的に見える

僕らは、好きなことだけをやって生きていけるわけではありません。 残念ながら好きなことして食べていけている方は少数派ですし、たとえ好きなことを仕事にしていたとしても、それなりに嫌だったり面倒だったりすることもあるでしょう。 プライベートでも思いっきり好きなことをできているかというとそうでもなく、なんとなくダラダラして休日が終わってしまうこともあります。 人と会っても、自分と趣味が合う人や話を聞いてくれる友人ではなかったら、自分の好きなことを話している時間というのは一週間でほとんどないかもしれません。 そんな毎日であったとしても、Musicrowdでは、自分の好きなことを、同じように好きな仲間と思いっきり語り合える。 そんな場所で、人は笑顔になれないはずがありません。 素敵な空間で、好きなことを話して、最高の笑顔になる。 だからきっとみんなが魅力的に見えるのでしょう。   Musicrowdは、心の底から楽しいと思える瞬間を提供してくれると共に、自分が本当に好きなこと、そして、忘れかけていた高揚感を思い出させてくれるイベントでした。  

大好きな音楽に身を委ねながら、素敵な仲間とお酒が飲めれれば最高の夜になる。

fun!社会人音楽サークル ミュージッククラウド  

共通の趣味があれば簡単に仲良くなれる

「共通の趣味があると仲良くなりやすい。」 これは多くの方が気付いていることだとは思います。 僕自身も、心から「好き」と言えるような親友は趣味が同じ人が多いですし、今まで好きになった異性も共通の趣味があることが多かったです。 大学時代はバンドサークルに所属していたのですが、当時の友人とは本当に良く気が合って、今でもちょくちょく会っています。 ただ、音楽が好きだったとしても、好きな音楽はバラバラだったりします。 それでも、「音楽が好き」という想いが僕らを結びつけているような気がするのです。 趣味が合えば、それ以外の部分でも価値観が合いやすいことが多いです。 好きなことをやっているときは、誰もが自分に正直になっています。 だから、そんなフラットな状態の自分を見てもらえることで、飾る必要のない、素のままでいられる心地の良い人間関係が築けるのではないでしょうか。    

自分の「好き」を表現できる場所があると幸せになれる。

自分の好きなことを理解してくれる人がいなかったり、趣味が合う人が周りにいなかったりすると孤独です。 文章なり、芸術なりを根気よく発信していけばそのうち仲間は見つかるでしょうが、そこまで行き着くには結構な労力が必要です。 「孤独にゼロから発信はできないけど、仲間が欲しい」という方にとってのひとつの解決策が、社会人サークルだと思います。 好きなことを遠慮なく表現できる、受け止めてくれる人がいるというのは最高です。 好きなことをやっていく中での出会いは、友人関係にしても、恋愛にしても、ビジネスパートナーにしても、良い関係になることが多いです。 また、好きなことを通じてできた仲間というのは、それに飽きてしまったり興味がなくなったりしない限り、疎遠になることは少ないです。 自分の好きなことを思いっきり表現できれば、素敵な仲間がみつかります。 今回の僕にとって「好きなこと」は音楽でしたが、自分が本当に好きなことなら何でも良いと思います。 今はネットで探せば社会人サークルも沢山でてきます。 自分の一番素敵な部分を出せる場所を、探してみてはいかがでしょうか。

Seiji Aihara / 相原 征爾

Seiji Aihara / 相原 征爾

フリーランスの税理士。
主にひとり社長、フリーランス、スタートアップ企業のサポートをしています。
遠方・オンライン・スポット対応可能です。

好きなものは音楽、映画、インターネット、カレー、クラフトビール。

詳しいプロフィールはこちら
税理士事務所のHPはこちら