以前紹介したスニペットツール「PhraseExpress」を有料版にアップグレードする方法の紹介です。

 

目次

有料版にアップグレードする理由

PhraseExpressは無料でも使うことができます。

ただ、10回ほど文字列の呼び出しを行うと、「有料版にしませんか?」というポップアップが表示されてしまいます。

「Yes」を押してブラウザでページを表示させるか、10秒待って「No」をクリックしないと再び使うことはできません。

これは煩わしく非効率です。

ある程度使ってみて良さがわかれば、有料版にしてしまうのがおすすめです。

値段も5,000円ちょっとで、毎日使うことを考えれば安いものではないでしょうか。

有料版にしても機能的には大きく変わりませんが、ポップアップの煩わしさから開放され、快適に使うことができます。

PhraseExpressを有料版にアップグレードする方法

まずは左下の方にある「Upgrade for use with more than 10 phrases」というところをクリックします。

PhraseExpressを有料版にアップグレード   

「ライセンスキーを入力してください」というポップアップが出ますが、まだライセンスキーはありませんので「Buy license key」をクリックします。

PhraseExpressのライセンスを購入

PhraseExpressのプランを選ぶページに飛びます。

PhraseExpressには、Standard、Professional、Enterpriseの3つのプランがあります。

一番左のStandardでも

  • 複数のパソコンで使える
  • サブスクリプションではなく買い切り(一度ライセンスを購入すればずっと使える)

ということを考えれば、こちらで十分かと思います。

PhraseExpressのプラン

今回はStandardの「Select」をクリックします。

今回はStandardプランをセレクト

請求情報の入力ページになります。

個人・会社宛どちらも可能です。

会社で購入する場合、「名」「姓」に自分の名前を、「会社」や「番地」のところに会社名や会社の住所を入れれば大丈夫です。

なお、普通の日本の会社であれば一番下の「付加価値税ID番号」は空欄で構いません。

請求情報画面の入力

クレジットカード情報を入れ内容を確認し、最後に一番下の「今すぐ購入」をクリックします。

「今すぐ購入」ボタンをクリック

ちなみに、僕が買ったときは日本円で5,300円ほどでした。

 

購入が完了するとメールで請求書、ライセンスキーが送られてきます。

メールの中程の「Your license key(s)」というところに書いてある文字列がライセンスキーです。

こちらをコピーし、最初に出てきたポップアップにペーストし、「Register」をクリックします。

ライセンスキーを入れ、登録

ポップアップが出ますので、確認して「Yes」をクリックします。

個人情報の確認

「OK」を押して完了です。

アップグレードの完了

これで、さきほどまで左下に出ていた「Upgrade〜」という表示がなくなっているはずです。

今後、「有料版にしませんか?」というポップアップが出ることなく、快適にPhraseExpressを使うことができます。

サービスメニュー

Postscript執筆後記

今日は調べ物やメール対応を中心に。
確定申告に対する意識が早いお客様が多く、助かります。

Something New一日一新

PhraseExpress 有料版(Standard)

\本を出版しました/

Seiji Aihara / 相原 征爾

Seiji Aihara / 相原 征爾

お金・時間・やりがいなどのバランスを取り人生を楽しむことをサポートする、東京の30代税理士。ひとり社長。

得意な仕事はクラウド会計の導入・ペーパーレス化・経理業務効率化・各種シミュレーション・独立支援など。
遠方・オンライン・スポット対応可能です。
簿記がわからなくても、一から経理ができるようにお伝えします。
Windows・Mac両対応。

音楽、映画、インターネット、カレー、クラフトビールが大好き。
名刺、ロゴ、WordPressテーマ、本の表紙から音楽まで自作する、自称超クリエイティブ。

詳しいプロフィールはこちら
税理士事務所のHP・サービス一覧はこちら

著書 『知識・経験ゼロでも独立して人生を楽しむ方法』