弾き語りをやっているとそれを録音してみたくなるものです。

自宅でも、アコギの弾き語りをできるだけ綺麗な音で録音する方法をまとめてみました。

目次

スマホ(iPhone)で録音する場合

「録音」と聞くと色々な機材が必要なのでは?と思われるかもしれません。

確かに、より綺麗な音で本格的な録音をするには機材を揃える必要がありますが、スマホ(iPhone)でも録音はできます。

iPhoneでもできるだけ良い音で録音するには、次のような工夫が必要です。

音量バランス

iPhoneだけで一発録りをする場合は、歌とギターの音量バランスに気をつける必要があります。

iPhoneが口元に近すぎると歌の音量が大きくなりすぎてしまいますし、ギターに近すぎるとギターの音で歌が聞こえなくなってしまいます。

声量やギターの音量は個人差がありますので一概にどれくらいというのは言えないのですが、色々試して最適な位置を探す必要があります。

録音したときに、歌がやや大きく前で聞こえる感じに、その後ろでギターが鳴っているくらいのバランスがちょうど良いです。

 

スマホスタンドがあると便利ですが、他には机やティッシュ箱など何かしらを台にして調整しましょう。

僕はこのようなスマホスタンド、スマホホルダーを使っています。

ノイズ対策

iPhoneのマイクは単一指向性ではないので、どうしても周囲の雑音を拾ってしまいます。

そこで、僕がiPhoneで録音していたときは「Brusfri」という有料のアプリを使っていました。

こちらを掛け録りすることで、ある程度雑音を除去してくれます。

 

また、iPhoneに直接繋ぐことができる外付けマイクを買うのも手です。

外付けのコンデンサーマイクを付ければ、かなりノイズは軽減できます。

ただ、ノイズは防げるものの、個人的にはそこまで劇的に音質は変わらないという印象です。

僕が買ったことがあるのは2,000円程度のiPhone用コンデンサーマイクなのですが、YouTubeでiPhone用の1万円前後のマイクのレビューを見ていても、あまり音質の向上は感じません。

iPhone用のコンデンサーマイクを買うなら、専用のポータブルレコーダーを買うか、パソコン用の本格的なコンデンサーマイクを買った方が良いと思います。

 

他には、「iPhoneを厚手の毛布でくるむとノイズが入りにくくなる」という記事を見かけたことがあります。

こちらも今度試してみようかと思っています。

音質を整える

録音が終わったら、DAWソフトを使って音質を整えます。

EQで周波数ごとの音量を調節したり、コンプレッサーやリバーブを上手くかけると良い感じになります。

 

iPhoneであれば最初からDTMソフトのGarageBandが入っています。

パソコン版の方が機能は豊富ですが、iPhoneだけでも録音から編集までできないことはありません。

ただ、やはりより本格的な編集をするのであればパソコンでやるのがおすすめです。

歌とギターを別録りする

一発録りにこだわらなければ、歌とギターを別録りしてしまうという手もあります。

最初にiPhoneでギターの音だけを撮ってしまい、GarageBandなどでその音を流しながら歌を録音します。

 

別録りのメリットは、音の編集がしやすいことです。

たとえば、一発録りの場合「この音域の歌が小さいからイコライザーで上げよう」と思っても、イコライジングをするとその周波数のギターの音も変わってしまいます。

別録りであれば、それぞれのトラックを編集してももう片方のトラックに直接影響を与えませんので、DTM初心者でも比較的編集がしやすいのです。

 

ただ、やはり別録りしていると弾き語りの録音をしたことがある方や、DTMをやっている方には「別録りしているな」とわかってしまいます。

(一般の方にはほとんどわからないと思いますが)

そこを気にされる場合は、一発録りにした方が良いでしょう。

マイク1本で録音する場合

手っ取り早く録音の音質を上げるには、パソコン用のコンデンサーマイクとオーディオ・インターフェースを使うのが一番です。

マイクには大きく分けてコンデンサーマイクとダイナミックマイクがありますが、録音用の最初の一本としてはコンデンサーマイクがおすすめです。

 

こちらも、1本で録る場合はiPhoneのときと同じでギターと歌の音量バランスに気をつける必要があります。

また、単一指向性のコンデンサーマイクには表裏の向きがあります。

表側がこちらを向いていないと良い音で録れませんので注意しましょう。

 

実際に必要な機材は上記のDTMの記事を参考にしていただければと思います。

マイク2本で録音する場合

一番綺麗な音で録れるのがマイクを2本使う方法です。

理屈は上記の“別撮り”のときと同じで、ギターも歌も最適な位置にマイクを置くことができ、歌とギターのトラックをそれぞれ別に編集できるからです。

マイクが2本あれば、一発録りをしつつ別録りしたときに近い音質を得ることができるわけです。

 

なお、ギターを録るときはサウンドホールに直接マイクを向けるよりも、12フレット辺りを狙った方がモコモコせずにスッキリした音で録れます。

マイク2本同時に使う場合は、オーディオ・インターフェースもマイクを2本挿せるものを選びましょう。

 

弾き語りをマイク2本で録音する方法は予算と編集の手間がかかりますが、より音質にこだわりたいときには最適です。

サービスメニュー

Postscript執筆後記

今日は個別コンサルティングでWordPressの導入を。
時間内にネームサーバーの変更が反映されなかったため、後日続きをやらせていただきます…。

Something New一日一新

個別コンサルティングでWordPress導入

\本を出版しました/

\セルフマガジン無料送付/

Seiji Aihara / 相原 征爾

Seiji Aihara / 相原 征爾

お金・時間・やりがいなどのバランスを取り人生を楽しむことをサポートする、東京の30代税理士。ひとり社長。
ブログ「FAVPRESSO」は平日毎日更新。

得意な仕事はクラウド会計の導入・ペーパーレス化・経理業務効率化・各種シミュレーション・独立支援など。
遠方・オンライン・スポット対応可能です。
簿記がわからなくても、一から経理ができるようにお伝えします。
Windows・Mac両対応。

音楽、映画、インターネット、カレー、クラフトビールが大好き。
名刺、ロゴ、WordPressテーマ、本の表紙から音楽まで自作する、自称超クリエイティブ。

詳しいプロフィールはこちら
税理士事務所のHP・サービス一覧はこちら

著書 『独立して人生を楽しむ方法』