独立する前にも後にもストレスはあります。

独立2年目の今、感じていることについてまとめました。

目次

独立前のストレス

独立前には、以下のようなストレスがありました。

  • やりたくない仕事をしなければならない
  • 嫌なお客様とのやり取り
  • 朝礼
  • 会議
  • 満員電車での朝早くの通勤
  • 労働時間が決まっている
  • 残業
  • 自分のやり方で仕事ができない(非効率なやり方を強要される)
  • 飲み会やランチに付き合わされる
  • 忘年会、新年会、歓迎会、歓送会など実質強制の飲み会がある
  • 飲み会の幹事をさせられる
  • 仕事中に話しかけられて集中力が途切れる
  • 電話
  • FAX
  • 郵送
  • 経費精算
  • 日報
  • 上司の機嫌を伺わなければならない
  • 後輩に仕事を振るときにも気を遣う
  • 空調を自由に設定できない(「寒い」「暑い」を我慢しなければならない)
  • 遅いパソコンでも我慢しなければいけない
  • 好きなものにお金を使えない
  • 効率化に時間をかけられない

当時はもっと色々と感じていたと思いますが、今思いつく限りを挙げるとざっとこんな感じです。

 

独立前のストレスは、

  • 提案する
  • こっそりやめる、変える

といったことで減らせるものもありますが、自分の力ではどうしようもないものがほとんどです。

 

独立した今、上記の多くはゼロになっているか、ほとんどなくなっています。

独立後のストレス

とはいえ、独立したからと言ってストレスと無縁になるわけではありません。

  • 営業から事務まですべてひとりでこなさなければならない
  • 営業(受ける方)に対応しなければならない
  • お金の不安
  • 仕事がなかなか増えない、失注
  • 周りの友人と合わなくなる、孤独感
  • 望まない仕事を受けて疲弊する
  • 安く受けてしまってもやもやする
  • タダで聞かれてもやもやする
  • 無駄に人に会って後悔する
  • 気軽に相談できる人(上司、同僚)が周りにいない
  • 諸々のトラブルにひとりで対処しなければならない

このようなことは、独立すると多かれ少なかれ経験することです。

 

また、独立前後で変わらないストレスのひとつに、「税務ソフト、会計ソフト、e-Tax、eLTAXに対するいらいら」というものがあります。

e-Tax、eLTAXは無料なので(税金は払っていますが…)ある程度仕方ないとしても、税務ソフト・会計ソフトは真の効率化ということは考えておらず、使いにくいのです。

あとは、頭のかたい役所とのやり取り、電話、郵送もストレスですね。

これらに対するストレスは税理士業特有のものですが、税理士を続ける限りはゼロになることはないでしょう。

 

ただ、独立すると「自分で何もかも決められる」という最大の武器があります。

  • 営業はしなければいけないけど、好きなやり方で営業すればいい
  • 営業電話はうざいから、電話は使わなければいい
  • 発信すれば孤独感がやわらぐし、自分と会う方と繋がれるから発信していこう
  • 税務ソフト・会計ソフトは使いづらいからExcelやRPAにやってもらおう

といったように、自分の工夫次第でいくらでもやりようはあります。

自分でやり方を変えたり、仕事を選んだり、やめたりしていけば減らせるストレスが多く、それができるのが独立のメリットでもあります。

時間はかかりますが、いわゆる“独立後のストレス”を限りなくゼロに近づけていくことは不可能ではありません。

独立するとストレスの種類が変わる

とはいえ、「変える」というのは今まで慣れているやり方を捨てることになります。

それは、それなりに負荷がかかるものです。

独立後は、そのような変えていく過程で感じるストレスは増えるかもしれません。

 

たとえば、ExcelやRPAなどを使って効率化するのは簡単なことではありません。

勉強しなければなりませんし、関数やプログラムを作る過程で何度も失敗し、上手くいかずに挫折を味わうこともあります。

今日も、税務ソフトをRPAで操作しようとしたところ、結局上手くいきませんでした。

3時間くらい費やしたものの成果がなく、こういうときは落ち込みますし、ストレスを感じるものです。

 

ただ、これは誰からも強制されたことではありませんし、誰のせいでもありません。

(強いて言えば、僕の勉強不足、ソフトの作りがイケてない、といったところでしょうか…)

単に自分が挑戦したいことだからやってみただけであり、いわば自分が作り出したストレスです。

 

人間関係のようなストレスを「不要なストレス」「悪いストレス」と考えれば、このような自分が設定した壁を乗り越えていく際に感じるストレスは、自分を成長させてくれる「良いストレス」「必要なストレス」であると言えるのではないでしょうか。

独立すると「不要なストレス」が減り、「必要なストレス」が増えていくと考えています。

サービスメニュー

Postscript執筆後記

今日はほぼ一日中決算を。
システム関連で煩わされましたが、無事申告できました。

Something New一日一新

ゴム手袋をして皿洗い
UiPath Studio XでJDL操作

\本を出版しました/

\セルフマガジン無料送付/

Seiji Aihara / 相原 征爾

Seiji Aihara / 相原 征爾

お金・時間・やりがいなどのバランスを取り人生を楽しむことをサポートする、東京の30代税理士。ひとり社長。
ブログ「FAVPRESSO」は平日毎日更新。

得意な仕事はクラウド会計の導入・ペーパーレス化・経理業務効率化・各種シミュレーション・独立支援など。
遠方・オンライン・スポット対応可能です。
簿記がわからなくても、一から経理ができるようにお伝えします。
Windows・Mac両対応。

音楽、映画、インターネット、カレー、クラフトビールが大好き。
名刺、ロゴ、WordPressテーマ、本の表紙から音楽まで自作する、自称超クリエイティブ。

詳しいプロフィールはこちら
税理士事務所のHP・サービス一覧はこちら

著書 『独立して人生を楽しむ方法』