フリーランスの方が確定申告をする場合、青色申告にしてぜひとも65万控除を受けたいところです。

青色申告の65万控除を受けるための要件、やった方が良いことについてまとめました。

目次

青色申告の65万円控除とは

「65万控除」とはどういうことなのか、簡単に確認です。

いわゆる「65万円控除」は「青色申告特別控除」と呼ばれるものです。

これは、あくまで所得控除で、所得から65万円がマイナスできます。

税金が65万円安くなるわけではありません。

所得税は「所得×所得税率」で計算しますが、仮に税率10%の方が65万控除を受ける場合、年間の所得税が65,000円安くなるのです。

住民税も所得をもとに計算しますが、住民税は一律10%です。

住民税のことも考えれば、さらに65,000円程度税金が安くなります。

どうせ確定申告をしなければならないなら、65万控除を受けて税金を安く抑えたいところです。

青色申告で65万円控除を受けるための要件

青色申告の65万円控除は誰でも受けられるわけではなく、フリーランスの方であれば次の条件を満たすことが必要です。

  • 青色申告承認申請書を提出している
  • 会計ソフトに取引を入力している
  • 確定申告書をネットで期限内に提出

細かい要件はこちらに書いていますので、気になる方はこちらも読んでいただければと思います。

青色申告で65万円控除を受けるためのステップ

何となく「青色申告って難しそう…」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ひとつひとつステップを踏んでいけば一般の方でも自分で青色申告ができます。

青色申告をするためのロードマップを以下にまとめました。

青色申告承認申請書を提出する

何はともあれ、まずは申請書の提出が必要です。

他の要件を満たしていても、申請書の提出がなければどうあがいても白色申告しかできません。

きちんと期限までに提出するようにしましょう。

提出方法

提出方法は、

  • ネットで提出
  • 紙に手書き(または入力)して郵送で提出

の2通りがあります。

 

ネットで提出する方法ですが、最初に「e-Taxの開始届」という手続きが必要になります。

作成・送信する開始(変更等)届出書の選択| 【e-Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)

 

e-Taxとは国税庁が提供している申告書や届出書をネットで提出するためのシステムです。

確定申告書をネットで提出する際にどのみちやる必要がありますので、先にやっておきたいところですが、青色申告承認申請書をネットで提出するためにはマイナンバーカードとカードリーダーが必要です。

(開始届の手続き自体には不要です。)

まだマイナンバーカードを取得しておらず、後述する提出期限が迫っている場合は郵送提出の方が良いでしょう。

こちらの開始届をネットで提出する方法についてはこちらで解説しています。

 

郵送で提出する場合は、以下のリンクの「所得税の青色申告承認申請書」というPDFをクリックし、こちらに入力するか、印刷して手書きします。

[手続名]所得税の青色申告承認申請手続|国税庁

 

提出する際は、2枚印刷するか、手書きしたものをコピーしてそちらも同封します。

切手を貼った返信用封筒も入れておけば、収受印を押して返送してくれます。

申請書を出した証明にもなりますので、郵送の場合は控えを返してもらった方が良いでしょう。

なお、送付状などは必要ありません。

提出期限

申請書の提出期限はケースにより異なります。

  • 1/15以前に新規開業→青色申告により提出しようとする年の3/15まで
  • 1/16以降に新規開業→開業日から2ヶ月以内
  • 去年まで白色申告で、今年分から青色申告にする場合→青色申告により提出しようとする年の3/15まで

(なお、提出期限が土日祝日にあたる場合は、その翌日)

 

たとえば、1月1日開業の場合はその年の3月15日までに提出する必要があります。

4月5日に開業した場合は、6月5日が提出期限です。

書き方

詳しくは別途記事にしますが、以下の部分は特に注意してください。

  • 「◯年分以降の所得税の申告は〜」
  • 4 業務を開始した日
  • その他参考事項

「年分」は、青色申告にしようとする年度です。

2021年分から受ける場合は、「令和3」にします。

 

「業務を開始した日」は提出期限にも関わりますので、慎重に記載していただければと思います。

 

65万控除を受ける場合、「その他参考事項」の「簿記方式」は「複式簿記」に、「備付帳簿名」は少なくとも「総勘定元帳」「仕訳帳」にチェックを入れておきましょう。

会計ソフトに取引を入力

青色申告特別控除の厳密な要件のひとつは「複式簿記による帳簿を作成する」ことです。

手書きやExcelでもできないことはないのですが、非常に手間がかかります。

そこでおすすめなのが、会計ソフトを使う方法です。

会計ソフトを使えば、一般の方でも複式簿記による帳簿を作成することが可能です。

会計ソフトはどれがいい?

個人的なおすすめはマネーフォワードです。

ただ、使いやすさとしてはどれも似たりよったりではあります。

どのソフトも無料お試し期間がありますので、「とりあえず色々試してみて、使い勝手の良いものにする」というのもありです。

日々の経理はExcelで

基本的にはクレジットカードや預金、電子マネーなどは会計ソフトに連携してしまい、できるだけ手入力をなくすのが原則です。

ただ、現金売上や現金で買ったものは手入力せざるを得ません。

また、日々細かく支出を把握していきたい場合などもあるかと思います。

そんなときは、一旦Excelに入力し、一定の期間分をまとめて会計ソフトにインポートするのがおすすめです。

実際に僕もこの方法で経理をしています。

 

なお、領収書・レシートの入力はためてしまうとめんどくさいです。

できれば毎日経理するのがベストです。

僕自身、基本的には毎日入力しているものの、2日溜めてしまったことがありました。

たった2日でもかなり面倒に感じましたので、何だかんだ毎日が一番楽です。

領収書・レシートの保管

領収書・レシートは7年間とっておく必要があります。

と言っても、綺麗に保存する必要はありません。

入力してしまえば、後は税務調査のときに出せるようにしておけば大丈夫です。

おすすめの整理方法はこちらで紹介しています。

確定申告書を期限内にネットで提出

こちらも厳密な要件は「電子帳簿保存orネットで提出」となっています。

ただ、電子帳簿保存は現状要件が厳しく、ひとりで仕事をするフリーランスには現実的ではありません。

確定申告書をネットで提出することで、要件を満たす方が簡単です。

会計ソフトで確定申告書の下書きを作る

会計ソフトに日々の取引を入力していれば、申告書(青色決算書)の元のデータはもうできています。

どの会計ソフトにも「確定申告書の作成」といった項目があるはずですので、そこから簡単に確定申告書の原型を作ることができます。

なお、会計ソフトのfreeeであれば、会計ソフト上で確定申告書を作って電子申告までできます。

マイナンバーカードとカードリーダーを用意する

電子申告をするには、マイナンバーカードとカードリーダーが必要です。

マイナンバーカードはネットで申請し、通知が来たらお住まいの市区町村の区役所などに取りに行きます。

ネット上の入力・写真のアップロードだけで申請は完了し、申請してから3週間〜1ヶ月くらいで受け取れます。

確定申告時期は時間がかかる可能性もありますので、早めに作っておきたいところです。

 

カードリーダーはAmazonなどネットでも買えますし、家電量販店などでも売っています。

お使いのパソコンに対応しているかよく確認してから購入しましょう。

ちなみに、僕が使っているのはこちらです。

 

カードリーダーも確定申告が近くなると品薄になる恐れがあります。

早めに手に入れておきましょう。

国税庁の「確定申告書等作成コーナー」を使って確定申告

最後の「ネットで提出」ですが、こちらは国税庁が無料で提供している「確定申告書等作成コーナー」が便利です。

 

会計ソフトの数字を指示に従って入力していくだけで、専門的な知識が少なくても確定申告書を作れます。

ミスのチェック機能も充実しており、実際に僕自身やお客様の確定申告も毎年こちらを利用しています。

1月上旬から使えるのも嬉しいです。

なお、確定申告書の提出期限は毎年3/15です。(来年も延長される可能性はありますが…)

 

 

フリーランスが65万円の経費を作ろうと思うと結構大変ですので、65万控除はありがたいものです。

青色申告は初年度は少し手間がかかりますが、一度やってしまえば翌年からは簡単です。

ぜひ青色申告にチャレンジしていただければと思います。

サービスメニュー

Postscript執筆後記

コインランドリーの専用スニーカーウォッシャーでスニーカーを洗ってみましたが、時間がかかった割にあまり綺麗にならず…。
白系のスニーカーは一度漂白した方がいいかもしれませんね。

Something New一日一新

コインランドリーでスニーカーウォッシュ

\本を出版しました/

Seiji Aihara / 相原 征爾

Seiji Aihara / 相原 征爾

『独立は最強の解決法』という理念のもと、長期的な視野と絶妙なバランス感覚で人生を楽しむことをサポートする、ひとりビジネス専門税理士。ひとり社長。

得意な仕事はクラウド会計の導入・ペーパーレス化・経理業務効率化・各種シミュレーション・独立支援など。
遠方・オンライン・スポット対応可能です。
簿記がわからなくても、一から経理ができるようにお伝えします。
Windows・Mac両対応。

音楽、映画、インターネット、カレー、クラフトビールが大好き。
名刺、ロゴ、WordPressテーマ、本の表紙から音楽まで自作する、自称超クリエイティブ。

詳しいプロフィールはこちら
税理士事務所のHP・サービス一覧はこちら

著書 『知識・経験ゼロでも独立して人生を楽しむ方法』