RPAのUiPath Studio Xでみずほ銀行のインターネットバンキング(みずほダイレクト)にログインし、自動で取引明細を取得するプログラムの紹介です。

なお、こちらを流用すれば他の銀行のネットバンクでも同じようなことができます。

目次

「インターネットバンキングにログイン」はRPAにやらせよう

経理をしていると、明細の確認や振り込み、入金確認などでインターネットバンキングにログインする機会は多々あります。(ネットバンクを使っていない方は今すぐにでも申し込みましょう)

 

ネットバンクは窓口やATMに行く必要がなく、便利なものです。

ただ、ログインするのに毎回IDやパスワードを入れるのは面倒ですし、非効率でもあります。

Google Chromeなどのブラウザである程度パスワードを記憶してはくれるものの、みずほダイレクトの場合はログインパスワードしか記憶してくれません。

そこで、インターネットバンキングにログインするプログラムをRPAで作ってしまえば、毎回手動でログインする必要がなくなります。

 

今回はみずほダイレクトにログインするまでのプログラムと、そこから前月の取引明細を取得するプログラムを作っていきます。

UiPath Studio Xを使うのが初めての方は、こちらを参考にインストールしていただければと思います。

UiPath Studio Xでみずほダイレクトにログイン

UiPath Studio Xを立ち上げ、右上の「新規プロジェクト」の「空のタスク」をクリックします。

UiPath Studio Xで新規プロジェクトを作成

プロジェクトの名前や保存場所の指定をし、「作成」を押します。

空のタスクで名前などをつけ作成

あらかじめGoogle Chromeでみずほダイレクトのページを開いておきます。

UiPath Studio Xでデザインタブのメニューの中の「アプリ/Webレコーダー」をクリックします。

アプリ/Webレコーダー」をクリックします。ブラウザで「お客様番号」の入力枠をクリックしてEnterを押します。

みずほダイレクトの「お客様番号」の枠をクリックします。

値を入力するボックスが出ますので、「お客様番号」を入力し、Enterをクリックします。

実際にお客様番号を入力し、Enterを押す

「次へ」をクリックする動作を記録させます。

この後、実際に「次へ」ボタンを押せない場合は、レコーディングを一時停止してからクリックしてみてください。

「次へ」」をクリックします。

次の画面に進めたら再度レコーディングを開始します。

 

「ログインパスワード」の枠をクリック→Enterを押してパスワードを入力します。

ログインパスワードを入力する動作を記録

「ログイン」をクリックしてEnterを押します。

ログインをクリックします。

ここまででいったん一時停止→保存でプログラムを記録させておくと、みずほダイレクトにログインしたいだけのときに便利です。

 

なお、プログラムを実行したときにブラウザが閉じてしまう場合は、「プロジェクト」→「プロジェクト設定」→「UI Automation モダン」→「アプリケーション/ブラウザ」→「クローズ動作」の「実行環境の値」を「Never」にすると閉じなくなくかと思います。

プロジェクト実行後にブラウザが閉じる場合の設定変更

UiPath Studio Xでみずほダイレクトの取引明細を取得する

みずほダイレクトにログインするプログラムをコピーして作る場合は、こちらの記事の「既存のプロジェクトをコピーして新規プロジェクトを作成する」を参考にしていただければと思います。

 

もちろん、ログインの続きからそのまま作っていただいても問題ありません。

 

ログインするとメインメニューの画面になります。

真ん中辺りにある「入出金明細照会」をクリックしてEnterを押します。

「入出金明細照会」をクリックします。

「照会期間の選択」というところの「当月」となっているところをいったんクリックする動作を記録させます。

Enterを押すと「項目を選択します」といったボックスが出ますので、「前月以降」を選択しEnterを押します。

項目の選択で照会期間を選択

少し下にある「csvダウンロード」をクリックしてEnterを押します。

「csvダウンロード」をクリックします。

csvファイルがダウンロードされますので、最後に左上の「ログアウト」をクリックする動作も記録させ、ログアウトさせておきます。

UiPath Studio Xで「ログアウト」をクリックする動作を記録

記録が終わったら、ブラウザ側で表示されている「アプリ/WEBレコーダー」のウインドウの「一時停止」ボタン→「保存してStudioに戻る」ボタンを押し、記録を停止させます。

 

UiPath Studio Xの画面に戻り、メニューの実行ボタンをクリックして確認してみましょう。

15秒くらいでログインから明細のダウンロードまで終わるかと思います。

 

余談ですが、みずほダイレクトの場合は入出金明細照会で残高が表示されません。(トップページでログイン時点の残高は見れます)

期末時点で必ずログインして、スクリーンショットを撮っておくことをおすすめします。(僕はリマインダーを設定しています)

 

 

今回のプログラムはUiPath Studio Xを使うのが初めての方でも1時間以内で作れるかと思います。(e-Tax系のプログラムと比べても作りやすいです)

一度作ってしまえば、翌月以降手動でログインする手間がなくなります。

ぜひ試してみていただければと思います。

サービスメニュー

Postscript執筆後記

明日の確定申告無料相談が朝早いので、それに向けて早起きの練習をしていたのですが今日は寝坊…。
今夜早く眠れるか心配です…

Something New一日一新

UiPath Studio Xでみずほダイレクトにログイン

\本を出版しました/

\セルフマガジン無料送付/

Seiji Aihara / 相原 征爾

Seiji Aihara / 相原 征爾

お金・時間・やりがいなどのバランスを取り人生を楽しむことをサポートする、東京の30代税理士。ひとり社長。
ブログ「FAVPRESSO」は平日毎日更新。

得意な仕事はクラウド会計の導入・ペーパーレス化・経理業務効率化・各種シミュレーション・独立支援など。
遠方・オンライン・スポット対応可能です。
簿記がわからなくても、一から経理ができるようにお伝えします。
Windows・Mac両対応。

音楽、映画、インターネット、カレー、クラフトビールが大好き。
名刺、ロゴ、WordPressテーマ、本の表紙から音楽まで自作する、自称超クリエイティブ。

詳しいプロフィールはこちら
税理士事務所のHP・サービス一覧はこちら

著書 『独立して人生を楽しむ方法』