Wordの文書にも画像を挿入することができます。

また、その画像に直接文字を重ねることも可能です。

目次

Wordに画像を挿入して直接文字を重ねるシーン

普段、ブログのアイキャッチ画像やKindle本の表紙など、ちょっとしたデザインをするときはCanvaの無料版を使っています。

Canvaは文字入れが簡単で、フォントも最初から沢山あります。

レイアウトも豊富に用意されているため、文章と画像をともに使うポスターやチラシなども綺麗に作ることができます。

 

ただ、文章が数ページにわたる場合や、パンフレットなどの2段組、3段組のレイアウトで文章を入れたい場合はWordの方がやりやすかったりします。

そんなときは、文章はWordに直接入力し、後から画像を入れるという方法があります。

画像の加工自体はCanvaの方がやりやすいため、通常であればCanvaで画像への文字入れまでやってしまい、文字入れ済みの画像をWordに挿入した方がスムーズです。

 

しかしながら、Canvaには「游ゴシック」などの定番フォントがなぜか使えないという大きな欠点があります。

游ゴシックは美しさとカジュアルさのバランスが絶妙で、かつ読みやすいため、ファッション誌の表紙などでも良く使われています。

 

今回、どうしても游ゴシックを使って文字入れをしたい案件がありました。

スマホアプリだと使えるものもありますが、今回はパソコンで入れたかったため、「Wordに画像を挿入してから、その上にWord上で直接文字を入れる」という手順をとりました。

有料のソフトであればもっと簡単にできるかもしれませんが、お金をかけずにWordだけで作ってみたいという方は参考にしていただければと思います。

Wordに画像を挿入する

それでは実際にWordに画像を挿入し、そこに文字入れする方法を解説していきます。

なお、画像はMac版になりますが、Windowsでもだいたい同じではないかと思います。

画像を挿入

Wordを開き、画像を入れたい箇所に適当なスペースを空けておきます。

そのスペースに画像をドラッグ&ドロップすればこんな感じで画像が挿入されます。

Wordに画像を挿入   

画像を横幅いっぱいに表示

上記のレイアウトで問題ない場合は良いのですが、画像を文書の横幅いっぱいに表示させたいケースもあります。

そんなときは、画像を右クリック→「配置とサイズ」をクリックし、

画像の配置を変える

「文字列の折返し」タブで「上下」にします。

文字列の折り返しを上下にする

その後、「位置」タブの縦位置を「配置」に、「基準」を「余白」にします。

余白を無視して画像を配置

「OK」を押すと、画像を余白を無視してページの端までドラッグすることができます。

あとは、画像の右端をドラッグしてサイズを変えていけば、画像がページの横幅いっぱいに収まります。

ドラッグして画像の大きさを変える

Wordで画像に文字を重ねる

文章を挿入

挿入した画像に文字を重ねるには、「挿入」タブ→「横書き(または縦書き)テキストボックスの描画」とクリックし、文字を入れたい位置にマウスでドラッグします。

Wordでテキストボックスの挿入

文字の背景を透明にする

文字の背景を透過させるには、「図形の書式設定」タブの「図形の塗りつぶし」から「塗りつぶしなし」をクリックします。

テキストボックスの背景を透過

背景が透明になりました。

背景が透明になった

文字のサイズを変更

文字が小さいので大きくします。

これは通常の文章と同じで、サイズを変えたい文章全体をctrl+Aで選択し、「ホーム」タブの数字を変えればOKです。

テキストボックスの文字サイズを変更

直接数字を打ち込むこともできます。

今回は「40」、フォントは「游ゴシックBold」にしました。

テキストボックスのフォントを変更

ちなみに、Wordには最初から入っているもの以外のフォントを追加することもできます。

 

 

ドラッグして位置を整えておきます。

テキストボックスをドラッグして位置を変える

文字の色を変更

文字色を変えるには、文字全体を選択し「ホーム」タブの以下の部分をクリックします。

テキストボックスの文字色を変更

なお、カラーコードを直接打ち込むこともできます。

さきほどの文字選択で「その他の色」を選び、

規定以外の色に変える方法

左から2番めのタブで「RGBつまみ」を選びます。

以下の箇所に16進数のカラーコードを入力できます。

カラーコードで指定することもできる

ネットの色見本などを見ていて「この色良いな〜」と思ったら、そのコードをそのまま貼り付ければ良いわけです。

なお、Canvaだと写真から色を抽出してくれます。

Canvaで色の抽出までやり、そのコードをWordで指定するということもできます。

文字の外枠を消す

テキストボックスを挿入すると、デフォルトでは文字の周りに枠がついています。

これを消すには、テキストボックスを右クリック→「図形の書式設定」をクリックし、

テキストボックスを右クリック

「線」のところで「線なし」を選びます。

テキストボックスの外枠を削除

字間(文字同士の間)の調整

字間の調整は、上部メニューの「フォーマット」→「フォント」→「詳細設定」でできます。

字間の調整

この辺りはやはりCanvaの方が感覚的にできてやりやすいですね…。

画像の調整

これでも問題ありませんが、画像に白い文字を入れるときは、背景を少し暗くした方が文字が見やすくなります。

背景画像をクリックして「図の書式設定」タブの「修整」→「図の修正オプション」とクリックすると、細かな調整ができます。

背景画像の明るさなどの調整

今回は明るさを「-14」にしてみました。

画像を少し暗くすると文字が見やすくなる

 

参考になれば嬉しいです。

サービスメニュー

Postscript執筆後記

今日は確定申告、お客様の月次など。

そういえば、今日ようやくワクチン(3回目)の接種券が届きました。
2回目は熱が出て辛かったので、休みの前日に打ちたいですね…

Something New一日一新

野方ホープ 中目黒店
ダミーテキスト

\本を出版しました/

\セルフマガジン無料送付/

Seiji Aihara / 相原 征爾

Seiji Aihara / 相原 征爾

お金・時間・やりがいなどのバランスを取り人生を楽しむことをサポートする、東京の30代税理士。ひとり社長。
ブログ「FAVPRESSO」は平日毎日更新。

得意な仕事はクラウド会計の導入・ペーパーレス化・経理業務効率化・各種シミュレーション・独立支援など。
遠方・オンライン・スポット対応可能です。
簿記がわからなくても、一から経理ができるようにお伝えします。
Windows・Mac両対応。

音楽、映画、インターネット、カレー、クラフトビールが大好き。
名刺、ロゴ、WordPressテーマ、本の表紙から音楽まで自作する、自称超クリエイティブ。

詳しいプロフィールはこちら
税理士事務所のHP・サービス一覧はこちら

著書 『独立して人生を楽しむ方法』