functions.phpを編集していて画面が真っ白になったときに、サーバーから1分で復元する方法。

functions.phpを編集していて画面が真っ白になったときに、サーバーから1分で復元する方法。

pexels-photo-270557

先日、WordPressでfunctions.phpを編集していると、エラーになって画面が真っ白になってしまいました。

管理画面にも入れず、「オーマイガッ!!今まで書いた記事やカスタマイズが全部消えてしまったらどうしよう…」とかなり焦りました。

しかし、調べてみたらサーバーからすぐに直せる方法が見つかりました。

初心者でも簡単に復元することができたので、ご紹介します。

僕はmixhostというサーバーを使っているのでmixhostを例に解説しますが、エックスサーバーなどでも同様にして解決できるようです。

参考wordpressテーマ,functions.phpを編集してサイトが真っ白になった私がした復元方法

スポンサーリンク

mixhostサーバーからfunctions.phpを編集する方法

まずはmixhostにログインし、右上のマイメニューをクリックします。

2017-05-15_22h50_08

「ショートカット」から「ファイルマネージャー」をクリックします。

2017-05-15_22h53_12

編集したいサイトのURLをクリックし、「public_html」の横のアイコンをダブルクリックします。

2017-05-15_22h51_29

「wp-content」の左のアイコンをダブルクリックします。

2017-05-15_22h55_53

「themes」の横のアイコンをダブルクリックします。

2017-05-15_22h56_28

さっきまで編集していたテーマを選び、左のアイコンをダブルクリックします。

(例えばSimplicity2の子テーマのfunctions.phpを編集していた場合は、simplicity-child)

2017-05-15_22h57_22

functions.phpの横のアイコンをダブルクリックします。

2017-05-15_22h58_08

「テキスト エディター」というポップアップが表示されるので、右下の「Edit」をクリックします。

2017-05-15_23h00_04

編集画面が開くので、今回追加した、エラーの原因となった部分のコードを削除して編集前の状態に戻します。

削除し終わったら、右上の「保存」を押して完了です。

ブラウザを再読込して元に戻っているか確認してみてください。

無事サイトが表示されれば大丈夫です。

まとめ

このサーバーから直接編集する方法を使えば、FTPソフトを使ってfunctions.phpのファイルをまるごと削除したり、WordPressを再インストールしたりといった面倒な所作は必要ありません。

常にこの方法で復元できるかどうかはわかりませんが、管理画面に入れなくなったときでも焦る必要はないですよ。

問題が起こっても、まずは落ち着いてググってみることが大事ですね。

今回どうしてもやりたいことがあったので、PHPについてよく知らないままいじってしまいました。

CSSはコードを間違えたりしても管理画面に入れなくなってしまうようなことはほとんどありませんが、CSSと同じようなノリでいじってはダメなんですね…^^;

もう少しPHPについて勉強してから再挑戦してみようと思います。

スポンサーリンク

SHARE

Follow About Life