WordPressのオリジナルテーマを作成してみました。(いまご覧いただいているこのブログはそのテーマを使用しています。)

テーマを作ってみようと思ったきっかけ、テーマ作成にあたって大変だったこと、作って良かったことについてまとめてみました。

目次

テーマと作ろうと思った理由

テーマ作成に至った主な理由は、次の2点です。

  • 好みのデザイン、世界でひとつだけのデザインにしたい
  • 必要な機能を、できる限りプラグインなしで実装したい

好みのデザインにしたい

一番の理由はやはりデザインです。

もともとデザインには強いこだわりがあり、以前使っていたテーマ「Simplicity」もめちゃくちゃカスタマイズしていました。

今回、ブログのデザインを変更するにあたって、既存のテーマをカスタマイズするか、新たに自分でテーマを作るかかなり迷いました。

 

実は最初、自分でテーマを作るなんて絶対無理と思い、既存のテーマをちょっとだけカスタマイズしていました。

しかし、レイアウトを変更しようとするところで挫折。。

フォントを変えるとか、ある部分の色を変えるとかだけなら、既存のテーマをいじるのは簡単です。

一方、「記事一覧ページのレイアウトを自分好みにしたい」とか、「この要素とこの要素の順番を変えたい」といったことが多いと、当時の僕には、既存テーマのどのファイルのどの部分をいじったら良いのか、全くわからなくなってしまったのです。

 

そこで、あくまで消去法のような形でWordPressのテーマ作成に着手することになりました。

自分でテーマファイルを一から作ってみると、基本的に配置したい順番にコードを書いていけば良いので、何とか自分好みのレイアウトにすることができました。

部分部分をちょこっとだけ変えたいときにも、自分でコードを書いていれば、だいたいどこをいじればデザインが変わるかがわかりやすいです。

必要な機能をプラグインなしで実装したい

テーマ作成に至ったもうひとつの理由は機能です。

デザインは既存テーマのカスタマイズで少しやったことがありましたが、機能を実装していくとなると、phpをいじらないといけません。

もちろん、phpをいじらなくとも、プラグインを入れていけば簡単に色々な機能を実装できます。しかし、プラグインを増やしてしまうとテーマの動作に不具合がでたり、表示が重くなったりします。

表示速度を速くしたい、というのはテーマ作成の重要な目的だったので、プラグインはなるべく使いたくありませんでした。

「でも、プラグインを使わずに色々な機能を備えるのはやっぱり難しそう…」

これが、既存テーマをカスタマイズすべきか、自分で作るべきか、更に僕を迷わせました。

ただ、配布を目的とするわけではなく、とりあえず自分が満足できれば良かったので、ほしい機能としては最低限でした。

たとえば僕は、字を色分けしたり、太字を使うことはほとんどありませんし、ショートコードもほとんど使いません。また、デザインが管理画面から選択できるようなテーマも中にはありますが、デザインはcssでいじれば良いので、そのようなデザイン系の機能は必要ありませんでした。

王道的な機能なら、ググってコードをコピペすれば何とかなるのでは?と思い、機能の実装にも挑戦してみることにしました。

最終的に、

  • 人気記事ランキング
  • 関連記事
  • SNSボタン
  • アドセンスの配置
  • ブログカード
  • 目次
  • この記事を書いた人

など、ほとんどの王道的な機能はプラグインなしで実装できました。

テーマ作成で大変だったこと

一言でまとめると、何もかもが初めてだったのでめちゃくちゃ大変でした笑。

自分の知識のなさに落ち込む

精神的な面ですが、自分のあまりの知識のなさに落ち込みました…。

以前既存テーマのカスタマイズをバリバリやっていたので、html、cssはある程度わかっているつもりでした。

しかし、実際に開発を始めてみると、「あれ、自分こんな基本的なこともわかってないじゃん…」ということが多かったです。前にカスタマイズでやっていたことも、ブランクのせいか忘れてしまっていることが沢山ありました。良くも悪くも反省しました。

わからないことが多すぎていちいち調べないといけない

僕は、普段WEB系の仕事をしているわけではありません。簡単にいうとド素人なわけです。

わからないことが沢山ありすぎて、いちいちググって調べなければなりませんでした。

  • ローカル環境って何?どうやって作るの?
  • FTPソフトの使い方とか忘れちゃったな…
  • phpの書き方わからん
  • エディタの使い方わからん
  • コードをコピペしたのに、思い通りのデザイン・レイアウトにならない…

という具合です。

ある程度体系的な知識を最初に入れつつ、わからないことがあったら調べるといったスタイルで進めましたが、最終的に公開できるレベルになるまでには2ヶ月半くらいかかりました。

もちろん、シンプルなテーマならおそらく1日で作れるかと思います。

ただ、既存テーマを使わず、わざわざ自分でテーマを作ってみたいという方は、僕と同じように相当こだわりが強い方だと思いますので(笑)、それなりに時間がかかることは覚悟する必要があるのではと思います。

テーマ変更に伴う諸々

テーマを作った後の話になるので少し逸れてしまいますが、テーマ作成後は、いわゆるテーマ変更の作業が必要です。

サムネイル画像の再生成が必要になったり、なぜか改行がすべてリセットされてしまい、手で1記事ずつ直さないといけないといったことがありました。(現在も修正中です…)

テーマを作成して良かったこと

上記のように、テーマ作成は大変ではありましたし、時間がかかりました。

それでも、テーマを作ってみると以下のようなメリットもあります。

WordPress全般に関する知識がつく

一番良かったことは、WordPress全般に関し、以前よりもだいぶ詳しくなったことです。

もちろん、プロの方たちに比べれば依然として天と地の差があると思います。

それでも、

  • WordPress
  • テーマ
  • html
  • css
  • php
  • ローカル環境の構築
  • デザイン
  • 表示速度を速くする方法
  • エディタの使い方

など、今回のテーマ作成を通じて沢山のことを学べました。

まだまだコードを直さなければならない部分も沢山ありますし、現在も完成しているわけではなく、常にカスタマイズ中です。

とはいえ、今なら作ったテーマを応用して新しいテーマを作ったり、既存テーマのカスタマイズも前より簡単にできると思います。

自信がつく

未経験の分野で、一から独学で挑戦し、やり遂げると自信が付きます。

個人的に、何かをやり遂げたり、少なからず結果を出すためのアプローチというのは、どんなことでも大して変わらないと思っています。

これは普段の仕事やプライベートにも応用できるのではと思います。

ブログを書くのが楽しくなった

もともと、僕は何事も形から入るタイプです。ブログのデザインが気に入らないと、ブログを書く気がおきません笑。

自分好みのデザインのテーマになったことで、楽しくブログの更新ができています。

せっかく労力をかけてテーマを作ったので、ブログを書かなかったらもったいない!という気持ちもあります。

 

決して楽ではないですが、ブログのカスタマイズが好きな方なら、テーマ作成は楽しめるのではないかと思います。

サービスメニュー

Postscript執筆後記

今日はブログのデザイン、プロフィールなどを少しカスタマイズ、その後カフェでブログ執筆。
久しぶりにセールに行こうかと。

ふるさと納税の返礼品が届き始めています。
冷凍庫がすでにいっぱいになってしまい、来年からはちゃんと「冷蔵」「冷凍」「常温保存」などの表示を良く確認してから決めようと思いました…。

Something New一日一新

とあるセミナー申し込み
神戸牛チーズバーガー

\本を出版しました/

Seiji Aihara / 相原 征爾

Seiji Aihara / 相原 征爾

『独立は最強の解決法』という理念のもと、長期的な視野と絶妙なバランス感覚で人生を楽しむことをサポートする、ひとりビジネス専門税理士。ひとり社長。

得意な仕事はクラウド会計の導入・ペーパーレス化・経理業務効率化・各種シミュレーション・独立支援など。
遠方・オンライン・スポット対応可能です。
簿記がわからなくても、一から経理ができるようにお伝えします。
Windows・Mac両対応。

音楽、映画、インターネット、カレー、クラフトビールが大好き。
名刺、ロゴ、WordPressテーマ、本の表紙から音楽まで自作する、自称超クリエイティブ。

詳しいプロフィールはこちら
税理士事務所のHP・サービス一覧はこちら

著書 『知識・経験ゼロでも独立して人生を楽しむ方法』