普段、GarageBandで音楽制作・編集をするときは外部プラグインをメインで使っています。

僕が使っているおすすめの無料プラグインを紹介します。

目次

プラグインを使う理由・プラグインを使うメリット

そもそも、「プラグインって何?」という方や、プラグインを使うのが初めての方もいらっしゃるかと思いますので、簡単に説明を。

 

プラグインはいわゆる“拡張機能”というもので、すでにある音源の音質を変えたり、調整したり、装飾したりするときに使います。

カラオケに行くと「エコー」というものがありますが、エコーをかけると多くの場合歌が上手くなったように聴こえますよね。

プラグインは、エコーのようにもともとの生の音にプラスして、より上手く、心地よく聴かせるためにかけるものです。

 

たとえば、イコライザーは不要な帯域の音をカットし、強調したい部分の帯域を上げることで音の印象を変えることができます。

コンプレッサーは曲中で音量差のあるボーカルを一定の音量幅に整えたり、ドラムのアタックを強調したりすることができます。

リバーブをかければ音に広がりを作ることができ、あえて音の輪郭をぼかすこともできます。

 

プラグインはもちろんプロの現場でも使われており(プロは高いものを使っていますが)、プラグインを上手く使うことで楽曲のクオリティを上げることができるのです。

GarageBandでは外部プラグインを使うのがおすすめ

GarageBandにも最初から沢山のプラグインが入っています。

ただ、残念ながらGarageBandのプラグインはあまり良いものがありません。

調節のためのパラメータが少なすぎたり、アナライザーがついていなかったりします。

プラグインをかけたことでどこがどう変わったのかが分かりにくいものが多いのです。

 

そのため、僕自身は普段の音楽編集ではGarageBand付属のプラグインを使うことはほぼありません。(例外としてEQは使いやすいので、ほぼ毎回使います)

その代わり、外部プラグインをインストールして使っています。

 

外部プラグインの中には無料で使えるものも多くあり、今回はその中から僕の使用頻度が高いものを紹介します。

おすすめのフリープラグイン

リバーブ:OldSkoolVerb

OldSkoolVerbのインターフェイス 

ダンピングやEQなどもついており使いやすいリバーブです。

ボーカルや弾き語り音源のリバーブとして良く使われる「プレートリバーブ」のプリセットがあるのも嬉しいです。

 

ボーカルや弾き語りの処理の場合は、pre-delayを40〜60くらいにすると遠くに行きすぎず良い感じになります。

Reverb Plugin with a Vintage Vibe [VST, AU, AAX] – OldSkoolVerb | Voxengo

コンプレッサー:MCompressor

MCompressorのインターフェイス

無料とは思えないほど高機能のコンプレッサーです。

アナライザーも付いているのでどれくらい音が圧縮されているかが一目でわかります。

 

ニーモードの切り替えもでき、緩やかにかけることもできます。

Plugin installer | MeldaProduction

ピッチ修正:MAutopitch

MAutopitchのインターフェイス

これはMCompressorと同じMelda Producutionが出しているプラグインです。

SCALEというところでキーを設定しておけば、そのキーの音に合わせて自動でピッチを調節してくれるすごいプラグインです。

多少歌の音程を外してしまったときもこれを使えばある程度合わせてくれます。

 

GarageBandには手動でピッチを調整できる機能もありますが、その下処理に使ったり、ほとんど音を外していないボーカルであればこれをかけるだけでも十分綺麗な仕上がりになります。

DEPTHとSPEEDを強めにすれば、ケロケロボイスも作れます。

 

上記のコンプレッサーのページの無料バンドルのリンクから合わせてダウンロードできます。

ちなみに、バンドルには他にも沢山のプラグインが入っていますので、興味があればダウンロードしてみていただければと思います。

マキシマイザー:LoudMax

LoudMaxのインターフェイス

シンプルでわかりやすいマキシマイザー。

レバーを左にドラッグしていくと音圧が上がります。

 

最近はiZotope Ozone9のマキシマイザーを使っているので出番は少ないですが、以前は良く使っていました。

YouTube、Instagram、SoundCloudなどに音源をアップするときに音圧を調整するために使います。

 

Outを-0.2〜-0.3くらいに設定しておくと音が割れにくいです。

Threshは-3くらいにし、足りなければ2段がけした方がナチュラルにかけることができます。

LoudMax

ラウドネスメーター:Youlean Loudness Meter

Youlean Loudness Meterのインターフェイス

ラウドネスメーターは音圧を視覚的に確認するために使っています。

音圧が足りていないと迫力に欠けます。

逆に上げすぎると耳障りになったり、プラットフォームのノーマライゼーションに引っかかってしまいます。

このラウドネスメーターを見ながらマキシマイザーやリミッターで調整しています。

Youlean Loudness Meter – Free VST, AU and AAX plugin

 

 

楽曲によってはもっと色々使うこともありますが、ほぼ毎回使っているものを紹介してみました。

すべてM1チップのMacにも対応しており、どれも無料で使えます。

ぜひダウンロードして色々いじってみていただければと思います。

サービスメニュー

Postscript執筆後記

引っ越して明日で1ヶ月です。
今の家は概ね気に入っているのですが、虫が多いのがネックです。
やっぱり低層階過ぎるのは良くないなぁと…

Something New一日一新

とある殺虫剤
とある本
フライパンJIUでメカジキの塩焼き

\本を出版しました/

\セルフマガジン無料送付/

Seiji Aihara / 相原 征爾

Seiji Aihara / 相原 征爾

お金・時間・やりがいなどのバランスを取り人生を楽しむことをサポートする、東京の30代税理士。ひとり社長。
ブログ「FAVPRESSO」は平日毎日更新。

得意な仕事はクラウド会計の導入・ペーパーレス化・経理業務効率化・各種シミュレーション・独立支援など。
遠方・オンライン・スポット対応可能です。
簿記がわからなくても、一から経理ができるようにお伝えします。
Windows・Mac両対応。

音楽、映画、インターネット、カレー、クラフトビールが大好き。
名刺、ロゴ、WordPressテーマ、本の表紙から音楽まで自作する、自称超クリエイティブ。

詳しいプロフィールはこちら
税理士事務所のHP・サービス一覧はこちら

著書 『独立して人生を楽しむ方法』