Bluetoothスピーカー「JBL GO」がコスパ最強!

Bluetoothスピーカー「JBL GO」がコスパ最強!

Bluetoothスピーカー JBL GO

最近、iPhoneで音楽を聞くことが多くなったのでJBLのBluetoothスピーカーを買いました。

コンパクトで音質も良く、非常に満足しています。

スポンサーリンク

とにかく安い

Amazonだとこの記事を書いている現在では3,642円。

Bluetoothスピーカーの中ではかなり安い部類になるかと思います。

なんとなくビックカメラでBluetoothスピーカーを色々視聴していたところ、特に音質に問題がなかったのでこれに決めました。(Amazonの方が安かったのでこちらで買いました)

注文の翌日には到着。

Bluetoothスピーカー JBL GOのパッケージ

保証書もついています。

Bluetoothスピーカー JBL GOは保証書付き

充電ケーブル、説明書などがコンパクトに収まっています。

充電ケーブル、説明書などが箱にコンパクトに収まっている

置いてみました。良い感じ。

Bluetoothスピーカー JBL GOを机に置いてみた

電源を入れると青いランプがつきます。

Bluetoothスピーカー JBL GO使用中は青いランプが点灯

音質も十分

このくらいの値段だと音質が不安ですが、値段からは想像できないほどよい音が出ます。

重低音の点ではさすがにBOSEなどにはかないませんが、ベースやバスドラもしっかり聞こえます。

一人暮らしの賃貸マンションや木造アパートとかなら逆にこれくらいの方が近所迷惑を気にしないで済むのではと思います。

ボーカルやアコギはまるでそこで演奏しているかのような臨場感があります。

今までiPhoneから音楽を流すときは、本体のスピーカーから流していました。

ちゃんとしたスピーカーで鳴らしてみると新しい音の発見がありますね。

Bluetoothで心配な音飛びもありません。

ミニマルなデザイン

正面に大きく「JBL」のロゴがプリントされていますが、それ以外はかなりシンプルです。

ボタンや裏の説明書きなどもボディと同色で、敢えて目立たないようになっています。

IMG_5340-min

サイズも小さいので部屋の雰囲気を壊したり、他のインテリアを邪魔しないのではないかと思います。

ボディはシリコン製なので、ゴツゴツした感じがなく良い触り心地です。

滑りにくいので、持ち運ぶ際に落として壊してしまうリスクが軽減されています。

スポンサーリンク

使い方も簡単

簡単に接続

Bluetoothスピーカーを使うのが初めてだと戸惑ったりするものですが、JBL GOは簡単です。

左上の電源ボタンを押すと、「ピポッ」と言う音とともに青いライトが点滅します。

そうしたら横のBluetoothマークボタンを押し、iPhoneやパソコンなど端末側でJBL GOとペアリングすれば、接続は完了です。

接続完了も音で知らせてくれます。

この音も可愛らしく、次世代感があって個人的に好きです。

2回目以降は電源を入れて、端末側でBluetoothをonにすれば自動で繋がります。

音量調節はもちろん、電話も着信することができます。

横にあるジャックを使えば、有線接続も可能です。

充電

充電は付属のコードを使ってUSBで充電します。(充電コードの色は本体の色に関わらずオレンジです。)

パソコンにつなぐか、iPhone用の充電器があれば普通のコンセントでも充電できます。

電池残量が少なくなるとライトが赤くなって知らせてくれるので便利です。

メーカーの説明によれば、充電時間は1.5時間、連続再生時間は5時間となっています。

カラーが豊富

JBL GOはカラーが豊富なので選ぶのが楽しいです。(画像はリンクになっています。)

ブラック

イエロー

オレンジ

グレー

ティール

ピンク

ブルー

レッド

持ち運び自由自在

JBL GOは幅68mm×高さ83mm×奥行き31mm、重さ130ḡと非常に小さく軽いです。

このコンパクトさゆえに、簡単に持ち運べるのが良いところ。

持ち運びやすいようにストラップホールも付いています。(ストラップは付属しません)

僕は普段はリビングの本棚の上に置いていますが、

  • 洗濯を干すときは風呂場の近くに
  • 出かける準備をするときは洗面所に
  • 料理するときはキッチンに

というように、部屋の好きな場所におくことができます。

Bluetoothスピーカー JBL GOは家の中でも移動が自由自在

カバンにも余裕で入るサイズです。

最近はカラオケボックスで友達と楽器の練習をしたり、代々木公園でピクニックをしたりしているのですが、そんなときも持っていくと喜ばれます。

家ではSpotifyで音楽を流すことが多いのですが、JBL GOで勉強や作業中はJAZZを流したり、料理中や食事中はcafe musicを聴いたりしています。

良い音で素敵な音楽が流れるだけで、自宅が一気にオシャレな空間になったような気がします。

ミニマルなBluetoothスピーカーを探している方におすすめです。

ちなみに、現在は後継機のJBL GO2が出ています。

こちらはIPX7防水仕様になっており、この記事を書いている現在ではほとんど値段は変わりません。

防水の方が良いという方はこちらの方が良いかもしれませんね。

JBL GO2は幅71.2mm x 高さ86mm x 奥行き31.6、重さ184gなので、JBL GOに比べほんの少し大きく、若干重くはなっています。
(それでも十分小さいですが)

充電時間は2.5時間となっています。

こちらはJBL GOより1時間長いです。

防水機能が欲しければJBL GO2を、よりコンパクトさを求めるならJBL GOを選ぶのが良いと思います。

スポンサーリンク

SHARE

Follow About Life