ギターの指板図をExcelだけで作ろうとしたのですが上手くいかず、結局ExcelとMacのプレビューを使って完成させることができました。

備忘録がてらやり方を紹介します。

目次

ギターの指板図がほしい

良くギターやコードの解説サイトや、ネットのコード譜などで指板図を見かけます。

ギターの指板上の音名やコードの解説をしようとするときに、やはり指板図があると見やすいですし、説明する側も説明しやすいです。

僕もギター関連の記事を書いているので、何となく「指板図がほしいなぁ」と思いました。

 

そこで、最初はネットで指板図のフリー画像を探しました。

しかし、

  • 著作権フリー
  • 商用利用可
  • クレジット不要

という使い勝手の良いものがぱっと見なかったんですね。(もう少しちゃんと探せばあるのかもしれませんが)

そこで、一旦自分で作ってしまえば使い回せますし、Excelの勉強にもなるということで自作してみることにしました。

Excelだけで作ろうとするも上手くいかず

まずは、Excelで以下のような指板図を作ります。

Excelの罫線とテキストボックスでギターの指板図を作成

これは罫線とテキストボックスを使って作りました。

この図をpngかjpeg形式で保存できればそれで終わりです。

 

検索してみると、「Excelで作った表を図として保存すればOK」とのこと。

図全体をコピーして新しいシートに貼り付け、「図として保存」を選びました。

しかし、これをプレビューアプリで開いてみると背景がグレーになっており、不要な罫線も残ってしまいます。

Excelだけでも解決できたような気がしますが、使い慣れたプレビューを使って完成させることにしました。

Excel+Macのプレビューで解決

Excelで作った指板図を、PDFで保存します。

F12キーで名前をつけて保存でPDF形式を選ぶか、⌘+PでPDFにすればOKです。

Excel指板図をPDFで保存

次に、作ったPDFをMacのFinderで右クリックし、プレビューで開きます。

PDFをMacのプレビューで開く

上部メニューの「ファイル」→「書き出す」とクリックし、

プレビューで指板図を書き出す

「フォーマット」をJPEGかPNGにして「保存」をクリックします。

指板図をPNGかjpegで保存

解像度は画像では144ピクセル/インチになっていますが、これだと粗かったため300にして保存しました。

 

これを再びプレビューで開き、必要な部分だけトリミングすれば、以下のようなオリジナル指板図の完成です。

指板図の完成(開放弦音あり)

指板図の完成(開放弦音なし)

パワポやExcel、Canvaなどで黒丸を追加すれば、コード譜やコードの解説などにも使えます。

 

せっかく作りましたので、良かったらダウンロードしてお使いください。

ギター指板図(開放弦音名なし)

ギター指板図(開放弦音名あり)

 

「1,2,3,4」というフレット番号が不要であれば、プレビューアプリなどで消していただければと思います。

(別タブで画像が開きますので、右クリック→「名前をつけて画像を保存」で保存できるかと思います)

サービスメニュー

Postscript執筆後記

今朝は自社の法人税申告書作成、その後カフェでランチとブログ執筆。
これから美容室に行ってきます。

Something New一日一新

LINEのノートに動画を投稿

\本を出版しました/

\セルフマガジン無料送付/

Seiji Aihara / 相原 征爾

Seiji Aihara / 相原 征爾

お金・時間・やりがいなどのバランスを取り人生を楽しむことをサポートする、東京の30代税理士。ひとり社長。
ブログ「FAVPRESSO」は平日毎日更新。

得意な仕事はクラウド会計の導入・ペーパーレス化・経理業務効率化・各種シミュレーション・独立支援など。
遠方・オンライン・スポット対応可能です。
簿記がわからなくても、一から経理ができるようにお伝えします。
Windows・Mac両対応。

音楽、映画、インターネット、カレー、クラフトビールが大好き。
名刺、ロゴ、WordPressテーマ、本の表紙から音楽まで自作する、自称超クリエイティブ。

詳しいプロフィールはこちら
税理士事務所のHP・サービス一覧はこちら

著書 『独立して人生を楽しむ方法』