今までエレキギター2本、アコースティックギター2本を買っています。

主にアコギについて、初めてギターを買う時のポイント、ギターの選び方についてまとめてみました。

目次

弾きやすさ

まずは何と言っても弾きやすいギターかどうか。

弾きやすければ練習する時間も増え、上達も早くなります。

 

実際に触ってみて次のようなポイントを確認していきます。

ネック

ネックが細いギターの方が、弾きやすいと感じる方が多いです。

正面から見たときのネックの幅(ナット幅)と、横から見たときの幅(厚み)の両方を確認します。

ミニギターや、ミニギターとフルサイズギターの中間サイズのギターであれば、ネックが細めで弾きやすいことが多いです。

ただ、実際に弾いてみたところ「サイズは小さいけど、ネックの握りやすさは普通だなぁ」と感じたギターもありました。

やはり試奏してみるのは大事です。

 

なお、手が大きい方や指が太めの方はネックが細いと弦と弦の間の幅も狭く感じ、コードが押さえづらいということもあります。

そのような方は細めのネックではない方が弾きやすいかもしれません。

 

また、横から見てネックが反っていないかも確認しておきます。

(ネックの反りは、購入時にある程度調整してもらえるはずです)

指板・フレット

指板を見てヘコミや傷がないか確認します。

小さなものであれば問題ありませんが、弦を押さえたときに違和感があると弾く時に気になります。

 

また、フレットの打ち込みが甘かったり、指板からはみ出たりしていると弾きづらいだけでなく、弾いていて怪我することもあります。

そこまでの状態のギターはなかなかありませんが、ざっと確認しておきましょう。

弦高

弦高が高い方が音の抜けが良くはなりますが、初心者のうちは弦高が高いと弦を押さえるのが大変です。

最初は弦がビビらない程度に低くしておくのがおすすめです。

弦高は後でも調整はできますが、弦高の低いギターを買うか、買う時に調整してもらった方が良いです。

カッタウェイ

もしソロギターなどをやる場合は、カッタウェイと言ってボディの片側の高音弦側がえぐられているモデルの方がハイフレットのポジションが抑えやすいです。

ただ、ソロギタリストでもカッタウェイでないモデルを使っている方は沢山いらっしゃいます。

弾き語りであれば、15フレット以上を使うことはほぼないので基本的にカッタウェイでなくても問題ありません。

大きさ・幅・重さ

アコギはボディが大きいほど基本的に音も大きくなります。

ただ、その分抱えづらくもなり、重くなります。(大きいギターはネックの幅も太いことが多いです)

小柄な方や、女性の方であれば、サイズが小さく、横幅も小さいギターの方が抱えやすいと感じるでしょう。

持ち運ぶ際も軽い方が楽です。

家で弾くのがメインの方の場合も、小さいギターの方が音量が抑えられ、近所迷惑になりにくいということもあります。

「生音で大きい音を出したい」ということでなければ、最初の一本としてはやはり小さくて軽めのアコギの方が良いのではないかと思います。

エレアコかどうか

アコギの中にはエレアコ(エレクトリックアコースティックギター)と呼ばれるものがあります。

エレアコは、アコギをケーブルでアンプなどに繋いで音を出せるようにしたものです。

もちろん、アンプに繋がずそのまま生音で弾くこともできます。

 

通常、ライブハウスなどでライブをする場合はギターをアンプなどにつなぎ、アンプやスピーカーから音を出します。

普通のアコギはそのままではアンプに繋ぐことはできませんので、そのままでは音を大きくしたり、リバーブなどのエフェクトを自分でかけることはできません。(PAさんにかけてもらうことはできますが)

その点、ケーブルを挿すだけでアンプにつなげるエレアコは、簡単に音を大きくしたり、音色を調節できたりしますので、ライブ使用には便利なのです。

 

「生でもアンプを通しても弾けるなんて、エレアコ最強じゃん」

と思われるかもしれませんが、もちろんデメリットもあります。

それは、

  • ピックアップや配線の分だけギターが重くなる
  • その分値段が高くなる
  • ギターの選択肢が減ってしまう
  • 安いエレアコのピックアップは音がイマイチ

といったことなどです。

 

なお、エレアコではない通常のアコギでも、あとからピックアップをつけてエレアコに改造することは可能です。

  • ピックアップ代、工賃がかかる
  • 生音の音が変わってしまう可能性はある

というデメリットはあります。

それでも、日本のプロのシンガーソングライターの方々を見ていると、アコギをエレアコに改造している方の方が、最初からエレアコのものを使っている方より多い印象です。

 

エレアコは便利ですし、エレアコか普通のアコギを選ぶかは悩ましいところです。

ほしいギターがエレアコ仕様でなければ、「後から改造することもできる」と考え、とりあえずピックアップなしのギターを買うというのも手です。

ピックアップがなくても、マイクでギターの音を拾えばライブハウスなどでもライブはできます。

自分の声と合っているか

弾き語り用のギターを買う場合は、ギターの音色が自分の声と合っているかも重要なポイントです。

たとえば、ハスキーボイスの方であれば枯れたギターの音の方が似合います。

一方、優しい声や甘い声の方であればふくよかで温かみがあるギターの方が合う可能性は高いです。

この辺りはブランドだったり、木材の種類によっても変わってきます。

例として、コアは硬く粒立ちの良い音がしますし、マホガニーは温かい音がします。(ギターのどの部分に使われているかによっても変わってきます)

 

また、自分の声量とのバランスも大事です。

声が大きい方、声量がある方であればサイズの大きいギターの方が良いこともありますし、声量がそんなになければ音量の小さめな小さいギターの方がバランスが良くなります。

ちなみに、僕も弾き語りがメインなのですが、

  • 甘い声、綺麗な声と言われる
  • 声量はそんなにない

という理由から、サイズは小さめで柔らかい音がするギターを選んでいます。

見た目

個人的に「迷ったらこれで選べば失敗しない」というものが、ギターのルックスです。

何だかんだ見た目は重要ではないでしょうか。

ギターの見た目自体が気に入っていれば、部屋に置いてあるだけで良い気分になります。

自然と目がいき、手に取るようになるので練習頻度も増え、上達が早くなると思います。

僕自身、最終的には見た目で決めることが多いです。

そのお店で買いたいかどうか

最後に、そのお店で買いたいか、その店員さんから買いたいかというのも考えたいところです。

かなりレアなモデルであればそんなことは気にしていられないかもしれませんが、やはり買い物は気持ちよくしたいものです。

買ったお店には、買った後もギターをメンテナンスに持っていったり、困ったことがあれば相談することもあるはずです。

そう考えると、今後も付き合いたいと思える店員さん、お店で買った方が良いということです。

最近は感じが悪い方、態度が悪い方はほとんど見かけませんが、僕の場合は「店員さんに親切にしてもらったから」「この店員さんから買いたいから」という理由で最終的にそのお店で買うことが多いです。

幸い、今までギターを購入したときに対応していただいた方は、どの方も親切な方でした。

 

予算の問題などもあると思いますが、上記のポイントをチェックしつつ、良いギターを選んでいただけたら嬉しいです。

なお、

  • お店で試奏するのが恥ずかしい
  • ポイントはわかったけど、自分で確認できる自信がない

という場合は、ある程度詳しい人に一緒に買いにいってもらうのがおすすめです。

個別コンサルティングでは、ギターの購入をお手伝いするサービスも提供させていただいております。

サービスメニュー

Postscript執筆後記

昨日は1ヶ月ほど悩んでいたギターをついに購入。
また記事にします。

Something New一日一新

とあるお店をネット予約
下北沢 スープカレー COSMOS
Martin 00-15m レフティ

\本を出版しました/

Seiji Aihara / 相原 征爾

Seiji Aihara / 相原 征爾

お金・時間・やりがいなどのバランスを取り人生を楽しむことをサポートする、東京の30代税理士。ひとり社長。

得意な仕事はクラウド会計の導入・ペーパーレス化・経理業務効率化・各種シミュレーション・独立支援など。
遠方・オンライン・スポット対応可能です。
簿記がわからなくても、一から経理ができるようにお伝えします。
Windows・Mac両対応。

音楽、映画、インターネット、カレー、クラフトビールが大好き。
名刺、ロゴ、WordPressテーマ、本の表紙から音楽まで自作する、自称超クリエイティブ。

詳しいプロフィールはこちら
税理士事務所のHP・サービス一覧はこちら

著書 『知識・経験ゼロでも独立して人生を楽しむ方法』