独立後、仕事は楽しみたいものです。

仕事を楽しくするために意識したいことをまとめてみました。

目次

好きな人と仕事をする

仕事が楽しいかどうかを左右する要素のひとつは、人。

誰と仕事をするか、誰に対して仕事をするかで仕事の楽しさは大きく変わってきます。

 

独立前は同僚、上司、後輩、お客様など、多方向の人間関係を気にしなければなりませんでした。

今になって考えれば、このような状況で「自分の好きな人と仕事をする」という環境を実現するのはかなり難しと感じます。

 

独立してひとりで仕事をしていれば、いわゆる“社内の人間関係”のようなものはありません。

お客様との関係だけ考えれば良いわけですので、独立前に比べると、好きな人と仕事をするハードルは下がります。

 

それでも、独立直後はなかなか仕事を選ぶことができず、好きな人と仕事をするのが難しいこともあります。

ある程度食べていけるようになってからも、油断をしているとお客様が上司のような存在になっていることもあり得ます。

 

独立後、好きな方、つまり、方向性が合う方と仕事をするには自分を発信していくことが大切だと実感しています。

発信をしていなければ、何ができて何ができないのか、どういう考え方をしているのかが相手に伝わりません。

その結果、望まない方からの依頼ばかりを受けるということになりかねません。

 

もちろん、発信して見つけてもらう、それをご覧いただき、そこからご依頼をいただくにはかなり時間がかかります。

その間は別のルートを仕事を獲得することになります。

代表的なものは紹介ですが、たとえ紹介であっても発信をしておくに越したことはありません。

 

僕はご紹介をいただく場合も自分のブログやホームページを事前にご覧いただき、気になっていただけたらそこから申し込んでいただく形にしています。

もちろん、すべての方がきちんと読んでくださるわけではないのですが、それでも発信がある程度フィルターとなり、自分にとってもお客様にとっても時間を無駄にしなくて済みます。

好きなことを仕事にする

仕事の対象自体が好きかどうかというのも大事です。

対象は分野と言い換えることもできます。

たとえば、野球、音楽、映画、料理、ブログ、本などです。

 

僕の仕事のひとつである税理士業では、「数字をじっくり見る」という仕事があります。

僕は数字を眺めて分析し、色々考えるのが好きなので会計データを見るというのは好きな仕事のひとつです。

昨日書いた記事のように、預り金の残高を合わせたりするのも意外と好きだったりします。(まぁ、お客様の方で合わせていただけるとそれはそれで楽なのですが…笑)

他には、税理士業には決算という仕事があります。

決算はいわば数字を理論値に合わせていくパズルのようなものです。

この数字を正しく組み立てていくという行為も好きなことのひとつです。

 

好きなことを仕事にするときも、やはり発信は有効でしょう。

発信してこそ、何ができるのか、何が好きで何がやりたいのか、何に情熱を傾けているのかがお客様となりうる方に伝わるからです。

 

そして、メニューとして出しておくというのも大事です。

メニューがなければ申し込みはありませんので。

最初は無料でモニターを募り、お客様の声として自分のメディアに載せさせていただくというのもありです。

好きなやり方で仕事をする

意外と盲点で実は比較的簡単にできるのが、「好きなやり方で仕事をする」ということ。

楽しいと感じるかどうかは、やり方も大いに関わってきます。

 

先程、「数字を見たり分析するのが好き」と書きましたが、

  • 何を使って
  • どのようにやるか

が結構大事だったりします。

会計データを作ったり、税金のシミュレーションをするというと会計ソフトや税務ソフトを使うのが一般的ですが、僕はほとんどすべてExcelでやっています。

Excelの方が使いやすく、触っていて楽しいからです。

会計ソフトや税務ソフトは最後の最後でしか使いません。

 

また、苦手なことややりたくない仕事はそもそも受けないようにしたり、どうしてもなくせないものはRPAにやってもらったりしています。

 

会社員時代はなかなか自分の好きなやり方で仕事をするのは難しいですが、独立後は比較的やりやすいものです。

 

 

よくある好きなことを仕事にして上手くいかなかった例として、

「アートが好きだから美術館に就職したけど、全然おもしろくない」

といったことがあります。

これは、「その人は何かを作ることが好きだったけれど、事務仕事は向いていなかった」といったケースなどです。

何が好きで何が向いているのかは詳細に分析する必要があります。

 

  • 人(誰と)
  • 対象(何を)
  • 行為(どうやって)

のどれか一つでも欠けていても、仕事は楽しくなくなる可能性があります。

最初からそれを見つけて実現するのは簡単ではありませんが、徐々に理想に近づけていきたいところです。

サービスメニュー

Postscript執筆後記

今日は先日の続きでWordPress関係の個別コンサルティング。
自分の勉強にもなりました。

Something New一日一新

CoCo壱番屋 五反田
スタバ ダブルチョコレートラテ

\本を出版しました/

\セルフマガジン無料送付/

Seiji Aihara / 相原 征爾

Seiji Aihara / 相原 征爾

お金・時間・やりがいなどのバランスを取り人生を楽しむことをサポートする、東京の30代税理士。ひとり社長。
ブログ「FAVPRESSO」は平日毎日更新。

得意な仕事はクラウド会計の導入・ペーパーレス化・経理業務効率化・各種シミュレーション・独立支援など。
遠方・オンライン・スポット対応可能です。
簿記がわからなくても、一から経理ができるようにお伝えします。
Windows・Mac両対応。

音楽、映画、インターネット、カレー、クラフトビールが大好き。
名刺、ロゴ、WordPressテーマ、本の表紙から音楽まで自作する、自称超クリエイティブ。

詳しいプロフィールはこちら
税理士事務所のHP・サービス一覧はこちら

著書 『独立して人生を楽しむ方法』