会社を作るときは税理士に相談しよう。何事も最初が肝心。

会社を作るときは税理士に相談しよう。何事も最初が肝心。

会社を作るときは税理士に相談しよう。何事も最初が肝心。

会社を作ったら一度税理士に相談しましょう。

できれば、作る前に一度相談するのがベストです。

税理士にお願いすべきこと、お願いするメリットをまとめました。

スポンサーリンク

会社をつくるべきか・どんな形態にするか

そもそも、今の状況で会社を作るべきか。

独立開業するとなったとき、必ず会社を作らなければいけないわけではありません。

個人事業主(フリーランス)でも良いわけです。

むしろ、いきなり会社は作らない方が良い場合も多いです。

もちろん、会社にした方が良いこともありますが、会社を作るとしても、株式会社にするのか、合同会社にするのか、考えるべきことは沢山あります。

ここら辺も税理士に相談してみると良いでしょう。

法人と個人事業主ではどっちがお得?税金・手続のメリット・デメリットまとめ。
事業を始める際に法人でやるか、個人事業主としてやるか迷われる方は多いと思います。 税金や手続の手間の観点から、法人・個人の違い...

登記関係

会社を設立するときには登記というものが必要になります。

実際に登記の手続きをするのは司法書士や行政書士なのですが、税理士に話せば、大抵の場合、提携している司法書士や行政書士に頼んでくれます。

もちろん、司法書士、行政書士、格安センターなどに直接頼んでも良いのですが、後述する税務関係の届け出などはやってくれません。

何をしなければいけないか分かっている場合はこれらの士業の方や業者に頼んでも良いのですが、そうでなければまずは税理士に頼んでみましょう。

届出書の作成

会社を作ったら色々な届出書を国や都道府県に提出する必要があります。

調べれば自分でもできないことはないですが、

・何を出すべきかわからない

・出すタイミングがわからない

・書き方がわからない

ということであれば、届出書の一式作成を税理士に頼んでしまった方が良いでしょう。

届出書は期限があるものも多いです。

口座の開設に必要になることもありますので、最初にきちんと作成して提出することをおすすめします。

スポンサーリンク

社会保険関係の手続き

会社を作ったら社会保険にも入らなければいけません。

こちらは自分でやるか、社労士に委託する必要がありますが、税理士に聞けばどんな手続きをしなければならないかはだいたい教えてくれます。

場合によっては提携の社労士を紹介してくれることもあります。

経理の仕方

こちらが一番大事と言っても過言ではありません。

経理が上手くできれば、今後の事業をどのように展開していけばいいかもわかります。

逆にこれができていないと、いまの業績、資金繰りがわからず、黒字なのか赤字なのか、資金は足りているのか足りていないのかがわかりません。

また、何が事業の経費になるかの判断も自分でできるようにならなければ、事業のお金の使い方も上手くなりません。

経理は最初がぐちゃぐちゃだと、後で直すのが大変です。

まだ動きが少ない時期こそ、税理士にやり方を教わった方が良いでしょう。

決算・申告

「始めたばかりでまだ売上が少ないから、申告はしなくて良い」なんてことはありません。

1期目からきちんと決算書を作り、税務署に税金の申告をする必要があります。

申告や納税をしておらず、「過去◯期分の申告を一気にやってほしい」という依頼がたまにあるのですが、そういう会社は帳簿はもちろんできていないですし、資料もぐちゃぐちゃです。

取引が昔過ぎて、何の取引だったか思い出すのにも時間がかかります。

そうなってしまうと、適正な損益の計算はできません。

また、過去の申告は延滞税も沢山かかってきます。

せっかく格安センターなどにお願いし、せっかく安く会社を作ったつもりが、申告しなかったことで無駄なお金を払うことになります。

こんなにもったいないことはありませんので、1期目からきちんと申告しましょう。

法人税の申告書作成は、個人の確定申告書よりも複雑です。

決算・申告だけでも税理士にお願いするか、せめて作り方のコンサルを受けた方が良いです。

スポンサーリンク

まとめ

会社を作る前に考えなければいけないこと、会社を作ったらやるべきことは沢山あります。

あとで損をしないように、疑問や不安なことがあれば一度税理士に相談してみましょう。