アコギ弾き語りのストロークを綺麗に聴かせるには、ピック選びも重要です。

弾き語り初心者がピックを選ぶときの考え方についてまとめてみました。

目次

素材・形

素材はあまり気にしなくていい

ピックにはセルロイド、ナイロン、ウルテムなど色々な素材があります。

ただ、アコギを始めたばかりのときは素材はあまり気にしなくて良いと考えています。

 

確かに、ピックの素材によって滑りやすいor滑りにくいとか、アタック感が強く出るとか音の違いももちろんあります。

しかしながら、まだギターを始めたばかりでピックの持ち方や弾き方自体が確立されていない状態で色々試してみても、どれがベストなのかイマイチわからないと思うんですよね。

 

僕にも経験がありますが、「滑りやすい」と思っていても、それは素材自体というよりも自分のピックの持ち方が悪いだけだったりします。

段々ピックを持つことに慣れてくると、だいたいどんな素材・硬さのピックでもある程度弾けるようになります。

 

この段階に来てから、初めて色々な素材を試した方が違いがわかりやすいです。

ですので、最初はあまり素材は気にせず、後述するピックの厚さだけを考えていただければと良いのではと思います。

形は三角型がおすすめ

ピックは代表的なものに三角型(オニギリ型・トライアングル型)とティアドロップ型があります。

 

アコギの弾き語りでストロークが中心であれば、ピックの形は三角型がおすすめです。

バンドのリードギターのように単音弾きが多い方はティアドロップ型を使っているイメージですが、アコギ弾き語りだったりアコギを持って歌うタイプのギター・ボーカルはプロの方も三角型を使っている方が多い印象です。

僕自身もずっと三角型を愛用しています。

 

三角型の方が指に触れている面積が広いため、ティアドロップ型に比べてストローク時の弦の圧力でもピックがずれにくい気がします。

最初は三角型で練習し、慣れてきたらティアドロップも試してみるのが良いのではないでしょうか。

まずは薄いピックで

サイレントピックで力の抜き方を覚える

ギター用ピックの中には「サイレントピック」というものがあります。

これは、もともと自宅でのギター練習時の騒音対策として、大きな音が出ないようにかなり薄く作られたピックです。

 

サイレントピックは、騒音対策になるだけでなく、初心者の方がストロークをするときの腕や手首の使い方を体の覚えさせるときにも有効です。

サイレントピックはかなり薄いため、弦に当たったときにピックが弦に負けてしっかりしなり、ピックがずれてしまうことが少ないのです。

そうすると「ピックをしっかり持たなきゃ」という意識がなくなり、指の力を抜くことができます。

その結果、手首や腕の力も自然と抜けるので、無理のないストロークフォームを作ることができるわけです。

 

ですので、「力の抜き方」を体に覚えさせるために、まずはサイレントピックでしばらく弾いてみることをおすすめします。

僕が使っているのはこちらのサイレントピックです。

薄いピックでピックを持つことに慣れる

サイレントピックである程度腕の振り方や手首の使い方を掴んだら、実際のピックを持ってみます。

なお、ピックの持ち方はこちらで解説しています。

 

最初は、できるだけ薄いピックを選ぶのがおすすめです。

理由はサイレントピックと同じく、薄くやわらかいピックの方がしっかりしなって手や腕に力が入りにくくなり、悪い持ち方・弾き方の癖が付きづらくなるからです。

 

通常、ピックの中で最も薄いThinと呼ばれるタイプがだいたい45〜46mmくらいなのですが、探せばもっと薄いものもあります。

僕が愛用していたのはこちらです。

この薄さのピックでも、変に削れたり割れたりしなければ、概ね正しいストロークができていると考えて良いでしょう。

とにかく力を抜いて、ピックができるだけ弦と平行になるように、弦に浅く当てるのがコツです。

慣れてきたら厚くしていく

薄いピックである程度弾けるようになったら、厚いピックにも挑戦してみましょう。

もちろん薄いピックのままでも良いのですが、厚い方が大きな音が出て、より“プロっぽい音”に近づいていきます。

僕は38→45→72→120mmという感じで段々厚くしていきました。

厚さはお好みで選んでいただいて大丈夫です。

 

ちなみに、硬いピックでストロークすると弦を切ってしまうときは、以下のような原因が考えられます。

  • 腕、手首、指のどこかに力が入りすぎている
  • ピックを弦に深く当てすぎている
  • ピックを弦に並行に当てていない
  • そもそもピックの持ち方が間違っている

厚く硬いピックでは、本当に力が上手く抜けていないと綺麗なストロークができませんので、硬いピックを使うことで、よりストロークが上手くなるという利点もあります。

 

僕の最近のお気に入りはこちらです。

全然しならないのですが、その分体の使い方が上手くなります。

アタック感のある大きな音が出るところも好きです。

 

ピックでのストロークはなかなか難しいのですが、薄いものから徐々に慣れて、綺麗なストロークをマスターしていただければと思います。

サービスメニュー

Postscript執筆後記

今日は久しぶりに口座にアドセンス収入の入金がありました。
金額は微々たるものですが、なんだかんだ嬉しいものです。

Something New一日一新

アンデルセン 池袋
クレイトン 1.2mmのピック

\本を出版しました/

\セルフマガジン無料送付/

Seiji Aihara / 相原 征爾

Seiji Aihara / 相原 征爾

お金・時間・やりがいなどのバランスを取り人生を楽しむことをサポートする、東京の30代税理士。ひとり社長。
ブログ「FAVPRESSO」は平日毎日更新。

得意な仕事はクラウド会計の導入・ペーパーレス化・経理業務効率化・各種シミュレーション・独立支援など。
遠方・オンライン・スポット対応可能です。
簿記がわからなくても、一から経理ができるようにお伝えします。
Windows・Mac両対応。

音楽、映画、インターネット、カレー、クラフトビールが大好き。
名刺、ロゴ、WordPressテーマ、本の表紙から音楽まで自作する、自称超クリエイティブ。

詳しいプロフィールはこちら
税理士事務所のHP・サービス一覧はこちら

著書 『独立して人生を楽しむ方法』