最近引っ越しをし、今は木造アパートに住んでいます。

住み始めて3週間経った今、僕が感じている木造アパートのメリットとデメリットについてまとめます。

目次

木造アパートに引っ越した

今までずっと鉄筋コンクリートのマンションに住んでいましたが、今回一人暮らしとしては初めて木造アパートに引っ越しました。

特に構造については明確な希望があったわけではなく、たまたま見つけた今回の物件の内装や間取りが気に入ったことや、家賃などの条件が良かったことから今回の家に決めました。

その家がたまたま木造アパートだったということです。

 

なお、普段アコギ弾き語りをやっている身として、騒音問題に悩まされやすい木造アパートに住んでみるのは「ネタになり面白そう」と思ったのも理由のひとつではあります。

 

実際に住み始めて3週間経ちましたので、現時点で感じていることをまとめてみます。

木造アパートのメリット

日当たり・風通しが良い

木造アパートのメリットのひとつは、比較的日当たりや風通しが良いことです。

僕の家は南向きではないのですが、窓が3方向にあります。

周りに高い建物もないため、日光は十分に入ってきます。

仕事中は仕事部屋の電気だけは付けていますが、日中は朝食やランチのときなどもリビングの電気を付けることはほぼありません。

それくらい明るいです。

 

また、窓が多いことで窓を開けると風がすっと入ってきます。

風だけで涼しいため、マンションにいたときに比べて冷房をつける機会は減っています。

 

マンションであれば、多くの場合窓があるのは1方向ですので、窓が多く日当たりや風通しが良いのは木造アパートのメリットだと感じています。

湿度が上がりにくい

日当たりと風通しが良いことで、部屋の湿度が上がりにくいです。

湿度が上がると部屋が湿っぽくなったり、カビが生えやすくなります。

また夏は体感温度も上がります。

 

僕はアレルギー性鼻炎なのですが、湿度が60%以上になるとダニの活動が盛んになるとも言われています。

また、家にアコギを置いていることもあり、アコギを保管する際の適正湿度は45〜55%くらいです。

そのため、マンションに住んでいたときはこの時期は除湿機が必須でした。

 

今の家も雨の日だと湿度は60%を超えてしまうこともありますが、晴れの日は40%台が多く、カラッとしています。

そのため除湿機を使う機会が減りました。

除湿機は便利で快適なのですが、音が大きく、電気代もそれなりにかかります。

除湿機をつけなくても快適な湿度を保てるのは嬉しいです。

空気が綺麗(な気がする)

これは住んでいる地域にもよるかもしれませんが、何となく木造アパートの方が空気が綺麗な気がします。

そう感じるのはマンションにいたときよりも鼻の調子が良いからです。

(引っ越しで断捨離をしたこともあるかもしれませんが)

 

やはりこれは木を使っているからなのかなぁと考えています。

家賃が安くなりがち

部屋のスペックや立地にもよりますが、一般に鉄筋コンクリートのマンションよりも木造アパートの方が家賃は安くなりがちです。

これは、なんだかんだマンションの方が便利で住みやすく、人気が高いからでしょう。(木造アパートは作るコストが安いこともあります)

 

物件にもよりますが、木造アパートの場合、

  • エレベーターがない
  • ゴミ出しの日・時間が決まっている
  • 宅配ボックスがない
  • 音の問題

などといったデメリットがあります。

 

逆にいえば、これらのデメリットを気にしないか、克服している物件であれば木造アパートは金銭的な条件面で有力な選択肢になるのではないでしょうか。

木造アパートのデメリット

音が漏れやすい

やはり一番のデメリットは音の問題です。

比較的新しいアパートで建て付けが良ければまた違うと思いますが、一般的に木造アパートはマンションより遮音性・防音性が低いです。

ある程度予想をしてはいましたが、今住んでいる家は築年数が古く、結構音は聞こえます。

 

マンションでも、上の階の足音や隣の部屋の音が聞こえることはありましたが、今の家は下の部屋の扉を閉める音なども聞こえます。

(逆に、隣の方の生活音はほとんど聞こえませんので、やはり出す人にもよるかと)

また、窓の作りがチープで、窓を閉めていても外の話し声は聞こえることもあります。

下の部屋の方が窓を開けて話していたり、テレビを見ていたりするとその声や音も聞こえます。

 

大通り付近のマンションは窓が頑丈で意外と外の音は気にならなかったりしますが、古いアパートは窓が薄いことが多いので、内見のときに確認した方が良いかと思います。

 

なお、外の音が聞こえるというということは自分の出す音も漏れやすいということです。

僕は先述の通りギターを弾きたいので、時間帯や音量に気を使うとともに、今は防音DIYを色々と試しているところです。

 

虫が多い

木で出来ていて虫にも居心地が良いのか、虫が多いです。

これは地域の問題や、マンションに住んでいたときよりも低層であることなども関係しているとは思います。

 

また、入居前のクリーニングや引っ越しのときは扉を開けっ放しで作業します。

どうしてもそのときに虫が入ってきやすいということもあるでしょう。

 

最近は減ってきてはいますが、引っ越し当初はほぼ毎日何かしらの虫と戦っていました。笑

ただ、人間とは慣れるもので、虫が苦手な僕も、ある程度耐性が出来てきてはいます。

 

 

  • 木造アパートを検討している方
  • 気になる物件が木造アパートで音などが心配な方
  • 条件面などでマンションと迷っている方

などの参考になれば嬉しいです。

サービスメニュー

Postscript執筆後記

今日はKindle本の執筆、打ち合わせ準備などを。

最近は自炊の頻度を増やしています。
日曜はキーマカレー、昨日はガパオ風丼、今日のランチは親子丼でした。
料理もやっていると段々と速く、美味しく作れるようになってくるので楽しいです。

Something New一日一新

マルエツの塩バターパン
自炊でガパオ風丼

\本を出版しました/

\セルフマガジン無料送付/

Seiji Aihara / 相原 征爾

Seiji Aihara / 相原 征爾

お金・時間・やりがいなどのバランスを取り人生を楽しむことをサポートする、東京の30代税理士。ひとり社長。
ブログ「FAVPRESSO」は平日毎日更新。

得意な仕事はクラウド会計の導入・ペーパーレス化・経理業務効率化・各種シミュレーション・独立支援など。
遠方・オンライン・スポット対応可能です。
簿記がわからなくても、一から経理ができるようにお伝えします。
Windows・Mac両対応。

音楽、映画、インターネット、カレー、クラフトビールが大好き。
名刺、ロゴ、WordPressテーマ、本の表紙から音楽まで自作する、自称超クリエイティブ。

詳しいプロフィールはこちら
税理士事務所のHP・サービス一覧はこちら

著書 『独立して人生を楽しむ方法』