パソコンでの文字入力はPhraseExpressを使うと便利です。

PhraseExpressの概要、インストール方法、使い方についてまとめました。

目次

PhraseExpressとは

PhraseExpressとは、いわゆる「スニペットツール」と言われるもので、単語登録のようなものです。

ただ、単語登録の場合は入力の際にいちいちEnterを押して確定しなければなりません。

PhraseExpressの場合は、一定のキーを押しただけで瞬時に入力から確定までが行われます。

 

たとえば、この記事では「PhraseExpress」という言葉が何回も出てきますので、これもPhraseExpressに登録しています。

「;ph」というキーを押せば、「PhraseExpress」というワードが出てくるように設定しています。

住所やメールアドレス、よく使う言葉や定型文などを登録しておくと便利です。

 

PhraseExpressはWindowsでもMacでも使えます。

有料版もありますが、最初は無料版で試すことができます。(個人利用であれば無期限)

ただし、無料版の場合はしばらく使っていると有料版の購入を促すポップアップが出ます。

わずらわしければ、有料版を購入しても良いかもしれません。

PhraseExpressのインストール方法

以下のリンクの右上の「Download」から、Windows・Macそれぞれのページに飛びます。

Download PhraseExpress from the official source

PhraseExpressをダウンロード

Windowsであれば、「Download Portable Edition」というボタンをクリックし、ファイルを解凍すればすぐに使い始めることができます。

 

Macの場合は、「I accept the license terms.」にチェックを入れ、「Download PhraseExpress」をクリックします。

Mac版PhraseExpressをインストール

ダウンロードが終わったら、dmgファイルをクリックし、アイコンを右のフォルダにドラッグします。

アイコンをドラッグ

左上のAppleマークのアイコンをクリックし、「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」→「アクセシビリティ」と進み、左下の鍵マークをクリックします。

環境設定

ポップアップが出ますので、Touch IDかパスワードを入れて許可し、「PhraseExpress」にチェックを入れます。

ポップアップが出る

⌘+spaceキーで「PhraseExpress」と入れればインストールしたアプリが出てきますので、Returnを押します。

検索してPhraseExpressを起動

ポップアップが出ますので、「開く」をクリックします。

ポップアップで開く

PhraseExpressの使い方

基本的な使い方

使い方はとても簡単です。

まずは、何かしら語句を登録してみましょう。

左上の「New Phrase」をクリックすると、登録画面になります。

語句の登録

「Phrase description」とは、語句のタイトル(登録名)です。

「Phrase Content」は呼び出す語句の内容です。

「Phrase description」に入力すると、自動で「Phrase Content」にも同じ語句が入力されます。

短い語句の場合は両方とも同じでも問題ないと思いますが、呼び出したいワードが長い場合は、「Phrase description」にはわかりやすいタイトルをつけておいた方が良いでしょう。

 

「Autotext abbreviation」とは、「Phrase Content」を呼び出す呪文のようなものです。

できるだけ短い方が入力するときに楽ですが、よく使う文字列とかぶってしまうと支障が出ます。

たとえば、GmailのアドレスをPhraseExpressに登録する際に、「Autotext abbreviation」に「Gmail」と入れたとします。

こうすると、実際に「Gmail」という文字列を打ちたいときにも登録したアドレスが出てきてしまい、困ります。

そのため、「Autotext abbreviation」は普段使わない文字列(半角の記号または英数字)を入力しましょう。

ちなみに、僕の場合は「!」や「;」のあとにアルファベットを置くことが多いです。

 

今回は、試しに以下のように「何卒宜しくお願い致します。」というフレーズを登録してみました。

実際にPhraseExpressに登録してみた

「!n」と入力すれば、一瞬で「何卒宜しくお願い致します。」と出てきます。

 

なお、「Autotext abbreviation」の右のところを「Execute immediately」 としておけば、呪文を入力した際に確認のポップアップなどが出ずに一瞬で入力することができます。

うまくいかないとき

呪文を入力しても上手く登録した言葉が出てこないときは、もう一度登録し直すか、PhraseExpressを一旦終了し、再起動すれば大抵の場合直ります。

 

なお、Macの場合はPhraseExpressを終了した状態だと機能しません。

常にアプリを立ち上げておく必要があります。

PC買い替え時

パソコンを買い替えたときは、新しいパソコンで再度PhraseExpressをインストールする必要があります。

なお、旧パソコンで登録したフレーズは、新パソコンへ引き継ぐことができます。

旧パソコンのPhraseExpressで引き継ぎたいフォルダを選択し、右上の「Export」をクリックします。

ファイルをDropboxなどに保存しておき、新パソコンのPhraseExpressでインポートします。

新パソコンのPhraseExpressの右上の「Import」をクリックし、該当のファイルを選択して「Open」をクリックします。

(おそらく、PhraseExpress.pxiといったファイル名になっているかと)

ファイルをPhraseExpressにインポート

少し時間がかかりますが、以下のように旧パソコンのPhraseExpressと同じフォルダが表示されれば完了です。

インポートできたかどうかの確認

 

PhraseExpressを使えば、パソコンでの文字入力を大幅にスピードアップさせることができます。

一度使ってしまうと、PhraseExpress無しではもはやパソコンを使いたくありません。笑

ぜひ沢山登録して使いこなしていただければと思います。

サービスメニュー

Postscript執筆後記

今日はお客様の会社の決算、その後パソコンの移行などを。
Evernoteが無料プランの場合複数端末で同期できず、有料にしようか迷い中です。(一応裏技はあるようですが)

Something New一日一新

Chromeの整理
新PCでブログ執筆

\本を出版しました/

Seiji Aihara / 相原 征爾

Seiji Aihara / 相原 征爾

『独立は最強の解決法』という理念のもと、長期的な視野と絶妙なバランス感覚で人生を楽しむことをサポートする、ひとりビジネス専門税理士。ひとり社長。

得意な仕事はクラウド会計の導入・ペーパーレス化・経理業務効率化・各種シミュレーション・独立支援など。
遠方・オンライン・スポット対応可能です。
簿記がわからなくても、一から経理ができるようにお伝えします。
Windows・Mac両対応。

音楽、映画、インターネット、カレー、クラフトビールが大好き。
名刺、ロゴ、WordPressテーマ、本の表紙から音楽まで自作する、自称超クリエイティブ。

詳しいプロフィールはこちら
税理士事務所のHP・サービス一覧はこちら

著書 『知識・経験ゼロでも独立して人生を楽しむ方法』