「給与計算」と聞くと何だか難しいイメージですが、ひとり社長の給料は自分でも計算できます。

会計ソフトなどを使わず手計算する方法を紹介します。

目次

額面を決める

まずは、諸々天引きする前の額面を決めます。

役員報酬の決め方は、こちらを参考にしていただければと思います。

 

今回は、額面15万、年齢は40歳という前提で計算します。

社会保険

最初に計算するのは社会保険です。

給料から天引きする社会保険は、健康保険、厚生年金、雇用保険があります。

社長であれば、雇用保険は加入義務がありませんので、健康保険と厚生年金だけわかれば良いということになります。

健康保険と厚生年金は、「標準報酬月額」という金額を使って計算します。

まずは、こちらのサイトで標準報酬月額を確認します。

(「健康保険 令和3年」といったキーワードで検索すると出てきます。)

令和3年度保険料額表(令和3年3月分から) | 協会けんぽ | 全国健康保険協会

 

今回は、東京都に住んでいるという前提で計算しますので、「東京」をクリックします。

「報酬月額」というところが、いわゆる額面です。

今回は15万ですので、「146,000〜155,000」の行が該当します。

左を見ると、標準報酬も150,000万円となります。

なお、通勤手当も支給する場合は、通勤手当も標準報酬月額に含めて計算します。

 

標準報酬が150,000円の場合、「健康保険料」「厚生年金保険料」の折半額を見ると、

健康保険→8,730円

厚生年金→13,725円

となります。

今回は40歳ですので、介護保険の被保険者に該当します。(40歳以上で加入義務あり)

会社の場合、社会保険は会社と個人で半分ずつ負担しますので、この「折半額」が給料から天引きする社会保険の金額となります。

社会保険の天引き額を計算

なお、今回は法人設立後最初に給料を支給するという体で15万と決めてしまっていますが、厳密には「標準報酬」は4、5、6月の3ヶ月間に支給した給料の平均になります。

2年目以降で、仮に4月から給料を20万に変更する場合、

4,5,6,7月の標準報酬月額→150,000

8月以降の標準報酬月額→200,000

となります。

7月分の給料までは、たとえ額面が20万だったとしても、社会保険は15万ベースで計算した金額を控除するということです。

 

また、通常社会保険は「当月分翌月控除」です。

4月分の社会保険は5月支給の給料から控除します。

そのため、4月から支給し始める場合、4月分は源泉所得税(+住民税)だけ控除し、5月から社会保険も控除を開始します。

源泉所得税

次に、源泉所得税を計算します。

源泉所得税は、社会保険控除後の給料の金額をもとに計算します。

今回の社会保険料控除後の給料の金額は、

150,000-(8,730+13,725)=127,545円

です。

なお、通勤手当を支給する場合でも、源泉所得税を計算するときは通勤手当は含めずに考えます。

 

この金額を「給与所得の源泉徴収税額表」というものに当てはめて計算します。

(「令和○年 給与所得の源泉徴収税額表」と言ったワードで検索しましょう)

今回は、こちらの「月額表(PDF)」を使います。

令和3年分 源泉徴収税額表|国税庁

 

一番左の列が「社会保険料等控除後の給与等の金額」となっています。

127,545円ですので、「127,000円以上 129,000円未満」の行の「甲」欄を見ます。(「乙」欄は2つ目の会社からの給料計算など、特殊な場合に使います。)

扶養なしの場合、源泉税は2,150円となります。

源泉徴収税額の金額を確認

住民税

住民税は特別徴収と言って給与天引きが原則です。

年末調整や確定申告をしたときに住民税の納付方法につき「特別徴収」を選択していれば、会社宛てに「特別徴収税額決定通知書」という書類が市区町村から送られてきます。(メールで送られてくる場合もあります)

こちらに各月の納付額が書いてありますので、その金額の通りに天引きします。

普通は、初回が6月分で、6月支給の給料から天引きした金額を7月10日までに払います。

なお、事前に届け出を出せば、住民税の支払いを年2回にできます。(6月と12月。従業員数9人以下の場合)

「〇〇区 住民税 納期の特例」といったキーワードで検索してみましょう。

 

通常は初回の6月と、7月以降で金額が異なりますので注意してください。

今回は、便宜上1,000円とします。

手取り額の計算

最後は手取り額の計算です。

手取り額=額面-(社会保険+源泉所得税+住民税)

で計算します。

今回の場合であれば、

150,000-(22,455+2,150+1,000)=124,395円

となります。

まとめ

ひとり社長であれば、残業代など特殊な手当がないため給料の計算はシンプルです。

給与計算ソフトを使わずとも、ご自身で計算できます。

計算が終わったら、1年分の仕訳もcsvで作り会計ソフトにインポートしてしまうと楽です。

 

給与計算用の簡単なExcelを作ってみました。

オレンジ色のところに数字を入れると手取り額が計算されます。

よろしければダウンロードしてお使いください。

給与計算Excel

サービスメニュー

Postscript執筆後記

週末は小さい頃よく行っていた葛西臨海公園の水族館へ。
久しぶりに魚やペンギンを見て癒やされました。

Something New一日一新

サンマルクカフェ 神田

\本を出版しました/

Seiji Aihara / 相原 征爾

Seiji Aihara / 相原 征爾

『独立は最強の解決法』という理念のもと、長期的な視野と絶妙なバランス感覚で人生を楽しむことをサポートする、ひとりビジネス専門税理士。ひとり社長。

得意な仕事はクラウド会計の導入・ペーパーレス化・経理業務効率化・各種シミュレーション・独立支援など。
遠方・オンライン・スポット対応可能です。
簿記がわからなくても、一から経理ができるようにお伝えします。
Windows・Mac両対応。

音楽、映画、インターネット、カレー、クラフトビールが大好き。

詳しいプロフィールはこちら
税理士事務所のHP・サービス一覧はこちら

著書 『知識・経験ゼロでも独立して人生を楽しむ方法』